ナイトシーバスゲームで40cm&75cmキャッチ 高速巻きがパターン【熊本】

ナイトシーバスゲームで40cm&75cmキャッチ 高速巻きがパターン【熊本】

熊本県天草市の通詞島で午後9時からシーバスを狙った。当日は上げ止まりから反応が出て、高速巻きで40&75cmの本命をキャッチしたので、その模様をお届けする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

サメの気配で低活性

6月26日、午後9時に熊本県天草市の通詞島に到着。狙うはシーバス!だが、前日の満月の大潮から、あからさまに活性が低い。人的プレッシャーか、最近サメがうろうろしているのが原因と考えられ、かむような魚のマダイやサメなどがいたら、食物連鎖の関係か姿が見えなくなる。

ナイトシーバスゲームで40cm&75cmキャッチ 高速巻きがパターン【熊本】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

アジ釣りの人たちにあいさつし、堤防先端に到着。まだ上げ潮でシーバスの姿はないが、時折サメが小さいベイトにアタックしている。「上げの時間帯だけだろうな~」。

サメもなかなかのファイターで、シーバスタックルで1m級を掛けると面白いが、ちゃんとハリ掛かりしてないと切られたり、サメ肌でラインがズタボロになるのでご注意を。

ルアーローテで反応探る

時間は上げ止まり直前。今までどこにいたのか、一気にシーバスが浮いてきた「いるいる~!」。

まずは先日新たにシーバス迎撃用に追加されたジョインテッドクロー178Fライムチャート。お腹に1gの板オモリを2枚装置し、水面直下をS字で引いてくると「お~、さすがジョイクロ、魚寄せるパワーはナンバーワンだな」。だが寸前で見切られていて、捕食までには至らない「何かが違うんだろな」。

すぐにルアーをチェンジ!ショアラインシャイナー120レッドヘッドに変更し、ゆっくりS字で反応はしたが、捕食までには至らない。

今度は高速巻きでルアーを通すと「ゴッ」「乗った~」「ガバガバガバ!」「あ~フックオフ!」「テールフックだったもんな~」。

だが今の1尾からヒントを得て、ゆっくり巻きではなく高速巻きに分があることが分かった。

高速巻きで40cm&75cm手中

ならばと、ルアーを絶対的に信用があるフラットジャンキー、ダックフィンシャッド(5inch、イワシ)に変更。ジグヘッドは静ヘッド14g。

キャストし3秒沈め、高速巻きすると「ガッ!」「小ヒラか~」。一気に巻き上げ、ゴボウ抜きしたのは40cmクラスのヒラセイゴ!写真を撮り、リリース。

ワームのズレを直し、キャスト!今度は先ほどまでより少し遅めに引いてくると「ゴッ!」「きたきた~!ド本命!」「ジッジッジィー!」。

暴れるシーバスをいなして無事捕獲!「ちょっと小ぶりだな」。計測すると75cm!

写真を撮り、次を狙おうとしたが、一瞬目を離した隙に激流に。一気にシーバスが沈下し、何を投げても無反応になったので帰路に。

<週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
通詞島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年7月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。