自己流釣り方で堤防釣り満喫 ジグヘッド+虫エサにノベザオでグレ狙い

自己流釣り方で堤防釣り満喫 ジグヘッド+虫エサにノベザオでグレ狙い

このところマイブームのジグヘッド+アオイソメ。今回は30cmオーバーのグレに多彩な根魚、そして良型メバルが連発した四日市港での3日間の釣りの模様をリポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ジグヘッド+アオイソメで五目釣り

このところマイブームのジグヘッド+アオイソメ。ルアーで狙える魚はもちろんのこと、意外な魚までもが釣れるので、究極の五目釣りといった感じだ。なかなか遠出のできないご時世だが、地元の三重県四日市市の四日市港だけでも十分に楽しめている。

自己流釣り方で堤防釣り満喫 ジグヘッド+虫エサにノベザオでグレ狙いタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

そこで今回は、ここ数回の釣行を紹介しよう。まずは6月7日の月曜日。この日は午後7時半から、ノベザオでグレを狙ってみた。4.5mの渓流ザオにフロロカーボンライン2号通し、0.4gのジグヘッドにアオイソメというシンプルな仕掛けで挑む。

渓流ノベザオでグレ手中

比較的水深の浅いポイントで、海底の捨て石周りを漂わせるように探ると小さなアタリ。少しタイミングを計り、アワセを入れると重量感のある手応えがあった。

とっさにサオを起こすと、イト鳴りとともに魚が猛ダッシュ。サオを見るとこんなに曲がるの?というほどに弧を描いている。捨て石に擦られないよう注意しながら、サオの反発力を生かしてファイト。やがて姿を見せたのは、狙い通りのグレだ。

自己流釣り方で堤防釣り満喫 ジグヘッド+虫エサにノベザオでグレ狙いまるまる太った泣き尺グレ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

さすがにサオでは上がらないので、ラインを持って抜き上げる。キャッチしたのは29cmの泣き尺。ラインには根ズレの跡が多数あり、危ないところだった。これ以上のサイズがヒットすると、場所によっては獲れない可能性も高そうだ。

根魚も追加し五目達成

その後、同寸を1匹追加。これもサオを限界まで絞り込んで楽しませてくれた。他にも何匹かのカサゴやメバル、ムラソイ、タケノコメバルがサオを曲げてくれ、五目も達成。潮がすっかり下がった午後9時ごろに終了とした。

自己流釣り方で堤防釣り満喫 ジグヘッド+虫エサにノベザオでグレ狙いタケノコメバルも遊んでくれた(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

次のページは見事32cm尺超えグレ手中!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。