荒天の陸っぱりゲームでアオリ1.5kg シーバスは攻略ならず【熊本】

荒天の陸っぱりゲームでアオリ1.5kg シーバスは攻略ならず【熊本】

釣行当日は暴風雨、難易度AAAクラスの条件下でアオリイカとシーバスを狙い熊本県天草市の通詞島へ。暴風雨の中でも、大型アオリイカをキャッチした釣行をレポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

通詞島でエギング

6月上旬、朝から爆弾低気圧の影響で暴風雨。「大丈夫か?夜行けるかな?」。仕事の合間に天気アプリとにらめっこしながら、熊本県天草市の通詞島に到着。

荒天の陸っぱりゲームでアオリ1.5kg シーバスは攻略ならず【熊本】通詞島広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

案の定、車は止まってなく、1人ぼっち……。「サクッと釣って帰るか?ってか帰りたい」。そんな小言を言いながら堤防先端に向かう。

当日のタックル

小雨の中、タックルを準備。使用するタックルは、ロッドはエンカウンター106MH、リールはSWストラディック5000XG、PEライン1.2号、リーダー5号、ミノーとワーム各種。フォロータックルは、ロッドはロンギヌス8.9ft、リールはストラディックC3000HG、PEライン0.8号、リーダー3号。

荒天の陸っぱりゲームでアオリ1.5kg シーバスは攻略ならず【熊本】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

難易度AAAクラスの暴風

だんだん周りが暗くなるにつれ、常夜灯の光が効力を増していく。「ん~、ベイト入ってきて濁りもあるんだけどな~、浮いてないな~」。

あきらめず暴風の中キャストを続けていると、シーバスの姿。「お!出てきたな」。

だが様子がおかしい、いつもならド派手に水面爆発並みの捕食行動だが、この日は水面直下「モアッ」「これは~、難易度AAAクラスだぞ」。

風がそよ風程度ならトップ系をキャストできるが、暴風なため軽いルアーはもろに風の影響を受ける。かといって下から水面の小さいものを捕食している個体は、水中で横に動くものには反応しない。ここでいうミノー系だ。

サイトで1.5kgアオリイカキャッチ

「ん~……」。頭から煙が出そうなぐらい悩み、各種ルアーやワームをキャストするが、とことん無視……。「潮が変わるまで待つか?」。

普段なら待ってもいいが、この日は暴風雨。体力は持つが、精神面でキツい。「今日は無理かな~。お!おぉ?」「あの影はデカい……釣れるぞ」。直感的に釣れると思い、すぐにエギスタのオレンジゴールドラメをスナップに付けて、影の進行方向を確認し、風向き・強さを考慮しキャスト!

「雨で見えん!行ったか?」。白くなった影がオレンジゴールドにゆっくり近づき、抱いた!「あ、抜けた!まだいるか?」。

カンナには触れておらず、スミも吐いてないことから、まだチャンスはあると思い、もう一度、進行方向に向けキャスト!「お~、突進しながら行ったな(笑)」。

完全に抱いたのを確認し、アワセを入れる!「ジッジィィーー、ジッジィィーー!」「やっぱり、まぁまぁあるな」。ここまでくれば、言わずもがな正体はアオリイカ!「よくこの暴風雨の中、来てくれたな」。

無事ネットインしたのは、1.5kgのオスの個体。「いや~、アオリに助けてもらったな」。

この後はシーバスのやる気のなさに加え、暴風雨に耐えられず帰路に。

荒天の陸っぱりゲームでアオリ1.5kg シーバスは攻略ならず【熊本】強烈ジェット噴射を満喫!(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

<週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
通詞島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年7月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。