休日に親子で楽しむザリガニ釣り 活性高く30分でバケツいっぱい【埼玉】

休日に親子で楽しむザリガニ釣り 活性高く30分でバケツいっぱい【埼玉】

6月後半、小学生の息子と2人でザリガニ釣りに出かけてきました。ポイントの紹介と30分足らずでバケツがいっぱいになった釣行をレポートします。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

埼玉でザリガニ釣り

私は幼少期のころ、さいたま市(旧浦和市)に住んでいたのですが、ちょっと駅から離れた実家周辺には田んぼが点在していて、それらの周辺を流れる水路ではどこでもザリガニ釣りが楽しめました。そして現代のようなテレビゲームなどがなかった我が夏休みは、当然のようにザリガニ釣りで明け暮れました。

しかし、時代は昭和から平成に移りかわり、そして令和に。気軽にザリガニ釣りができる環境も近所で、というワケにはいかなくなってしまいました。

とはいえ、ちょっと車を走らせればまだまだ田園風景は残されているさいたま市。我が子供たちにザリガニ釣りを体験させるべく、夏の緑区や岩槻区の田んぼの用水路を散策してみると……しっかりザリガニがいることを確認。

今回はそれらのポイントのうち、比較的足場よく、個体数もそれなりに多いさいたま市のポイントに息子と出かけてきました。

休日に親子で楽しむザリガニ釣り 活性高く30分でバケツいっぱい【埼玉】お姉ちゃんが弟の指南役をしてくれた3年前(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

ザリガニ釣りの道具

梅雨の合間の休日。ふと思い立って息子と「行ってみようか」ということになり、ありあわせの道具とエサを持って出発。今年初ということで少し心配だったのですが、水路をのぞくとしっかりザリガニがいることが確認できました。息子のはやる気持ちをなだめつつ準備に取り掛かります。

準備といっても道具仕立ては簡単。100均で購入した竹ザオの穂先部(1m弱)にタコイトを介して朱染めしたイカの短冊を括り付けてやったもの。因みにここでのこだわりはタコイトのみ。サオは1m前後の棒なら何でもよく、エサも単純に中深場用の余ったエサを持ち込んだだけなので、一般的なザリガニ釣りの有名なエサといわれているスルメイカや煮干しなどでももちろんかまいません。

休日に親子で楽しむザリガニ釣り 活性高く30分でバケツいっぱい【埼玉】エサは朱染めのイカ短冊(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

イトは見釣りができない深いポイントを狙う場合、ザリガニがエサを持った時にイトがス~ッと動くことが確認できる、白くて浮力があるタコイトを使うようにしています。

休日に親子で楽しむザリガニ釣り 活性高く30分でバケツいっぱい【埼玉】活性悪い時に備え網も用意(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

あっという間にバケツ一杯!

浅いポイント、深いポイント(といっても30cmくらい)両方にザリガニがいることを確認。水温高く活性も高そうです。どちらでやっても釣れると思いますが、深いポイントで壁に張り付いているザリガニは人の気配を感じると底に逃げてしまうので見釣りは不可。息子は見釣りができる浅いポイントを選択しました。

休日に親子で楽しむザリガニ釣り 活性高く30分でバケツいっぱい【埼玉】深場は人の気配で逃げてしまう(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

息子にサオを持たせ釣りをさせると、予想通りザリガニの活性はとても高く、網でアシストする必要なく数を重ねていきます。水深が浅い用水路を足で稼いでザリガニを探し、見つけたら近くにそーっとエサを落としてやればザリガニが寄ってくる、といった具合。

休日に親子で楽しむザリガニ釣り 活性高く30分でバケツいっぱい【埼玉】浅場を見釣りで狙う(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

できるだけ大きい、いわゆるマッカチン狙いにもかかわらず、30分足らずでバケツ一杯になりました。網をほとんど使わなかったのでバラシも多くありましたが、「絶対持って帰ってこないで」とママにお灸をすえられている?ので、そこは全く気にしません。

休日に親子で楽しむザリガニ釣り 活性高く30分でバケツいっぱい【埼玉】息子の釣り姿(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

十分に見釣りを楽しんだところで水分取らせ一休み。「一旦バケツを空にして深いポイントも行ってみようか」って提案したのですが……そこは蒸し暑い梅雨の合間、「アイスが食べたい」とのことで早々にリタイア。ま、いいでしょう。

休日に親子で楽しむザリガニ釣り 活性高く30分でバケツいっぱい【埼玉】なんとトリプルも!(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

次のページでザリガニの持ち方を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。