ライトゲームから派生『ミドルゲーム』が流行の兆し 可能性は無限大?

ライトゲームから派生『ミドルゲーム』が流行の兆し 可能性は無限大?

今、ライトゲーム派生のミドルゲームという新しい釣りが提唱されている。もともとライトゲーム自体がある程度は無理の利く釣りなのだが、それをより具体的にタックル化、パターン化した釣りだ。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ミドルゲームとは?

最近聞かれるようになった「ミドルゲーム」とは、昨今のライトゲームのいっそうのフィネス化との逆をいくような、ライトゲームを強化させたものと言っていいだろう。具体的に言うと、使うリグが重くなり、ラインも最大PE0.5号までと太くなる。

筆者の印象としては、バス釣りの感覚をそのままソルトに持ってくるものに近い。バスロッドで投げるルアーウェイト、ラインシステム。ただし基本はフィネスであり、ガチガチに強気の釣りではない。参考までに、中庸のPE0.4号で現実的に勝負できる魚、そして投げられるルアーがミドルゲームの基準となると思う。

ミドルゲームで狙える魚種

ミドルゲームでは、狙える魚種が中型魚以上となる。以下のような魚が対象魚だ。

・タイ
・ハタ類
・チヌ
・シーバス
・タチウオ
・中型青物

筆者の経験としては、チヌ、シーバス、タチウオ、マゴチまでは確かにライトゲームの延長で何度も釣ったことがある。ただ、それはミドルゲームという認識ではなく、あくまでライトゲームの範囲内で、後から振り返れば「ラインシステムを工夫すればもっとこちら有利の条件で、しかも狙いで再現性を持って釣れたのではないか」と思えるものだった。

それが近年、「ミドルゲーム」という言葉で呼ばれ始めたわけだ。

ライトゲームから派生『ミドルゲーム』が流行の兆し 可能性は無限大?ライトゲーム延長で釣ったチヌ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

タックルはメバルチューブラーが基準?

ミドルゲームはまだスタートしたばかりの釣りで、定義を決めきれないが、筆者の印象を述べると、メバルのチューブラーロッドがひとつの基準になると思う。メバルチューブラーロッドで操作できるルアーやアクションをイメージすると、感じがつかみやすい。

ミドルゲームのタックル要件

・ロッド メバリングロッド チューブラーティップ 7ft後半
・リール スピニング2000番または2500番
・ラインシステム PEライン0.3~0.5号 リーダー6~8lb程度
・ルアーウェイト 最大10gまで

ルアーウェイトに関しては、メバルチューブラーには若干無理をさせる範囲となる。ただサオ先に負担のかからない、ペンデュラムキャスト(遠心力を使うキャスト)でいけば、問題なく最大10g、基準として5gのルアーは簡単に操作できる。

筆者の(まだ数少ない)体験として、メバルロッドのチューブラーでは、3~5g程度のジグが使いやすい。ジグヘッドでいうと、7gまで重くすると、若干だるくなり、リトリーブしにくい印象。3~5g、2~3inchくらいのワームが好セッティングだろう。

ライトゲームから派生『ミドルゲーム』が流行の兆し 可能性は無限大?タチウオ狙いで釣れたアジ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

バス用のベイトタックルMLクラス、ロングロッドがあれば、それを用いてもいいかもしれない(ただしベイトリールの海水対応には注意)。

問題は巻きスピードで、青物はファストな巻き、底物はスロー、タチウオも基本はスローが効く。トータルでいえばノーマルギアのリールがいいのだろうが、ハイギア2000番という手もなくはない。巻きアタリが取りやすいのも、ハイギアだといわれる。

次のページではミドルゲームの可能性を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。