SLJでイサキにキジハタ  アタリが激減する落とし穴とは?【山口】

SLJでイサキにキジハタ アタリが激減する落とし穴とは?【山口】

いよいよ夏に突入です。この季節アツいのが、スーパーライトジギング(SLJ)。今回はそのSLJでの、筆者が釣れないドツボにハマった意外な落とし穴を、6月頭の釣行とともに紹介します。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

ソルトルアー オフショア

最終釣果と当日の考察

SLJでイサキにキジハタ  アタリが激減する落とし穴とは?【山口】当日の釣果(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

最終釣果は6人でこの量。キジハタの30cm未満はリリースなので、この倍以上は上がっていたと思います。船全体では決して悪くない釣果でしたが、自分はどうにも納得のいかない結果に。

着底の取れる号数であればいいと考えていた自分にとっては0.8号から1.2号にかえたことでアタリが減るとは思ってもいませんでした。これにはおそらくラインが受ける抵抗によって、ジグのフォール姿勢がかわるのが影響しているのではないかと思います。

フリーフォールする際ジグはヒラヒラと落ちますが、テンションを少しかけるとお尻からストンと落ちていきます。この時、ヒラヒラ落ちるはずが糸の太さが影響しジグが真っ直ぐ落ちてしまい魚が食いつく間が作られていなかったのかもしれません。また、魚から糸が見える=プレッシャーがかかるということもあるでしょう。

個人的には釣果は寂しくなってしまったものの、ある意味貴重な経験でした。

<檜垣修平/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
じらまる

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。