SLJでイサキにキジハタ  アタリが激減する落とし穴とは?【山口】

SLJでイサキにキジハタ アタリが激減する落とし穴とは?【山口】

いよいよ夏に突入です。この季節アツいのが、スーパーライトジギング(SLJ)。今回はそのSLJでの、筆者が釣れないドツボにハマった意外な落とし穴を、6月頭の釣行とともに紹介します。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

ソルトルアー オフショア

手軽なSLJは夏が旬

SLJでイサキにキジハタ  アタリが激減する落とし穴とは?【山口】SLJで釣ったマダイ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

船からのジギングというと、かなりハードルが高く感じる方も多いでしょう。しかしこのSLJは、軽いジグで釣れるものをたくさん釣ろうという釣り。ジグは20~60gまでをメインに使います。サオも専用のものが好ましいですが、バスロッドやエギングロッドでも代用が効くハードルの低さです。

そして釣れるものも多種多様で、旬のイサキをはじめマダイ、キジハタ、青物など色々なものが釣れます。

じらまるでスーパーライトジギング

今回お世話になったのは下関のじらまるさん。当日の潮は長潮、満潮は7時ごろ。風が強かったですが、満潮から下げだしの9時ごろに少し出船時間を遅らせてのスタート。ファーストフォールでヒットしたのは、大本命のイサキでした。

SLJでイサキにキジハタ  アタリが激減する落とし穴とは?【山口】お世話になったじらまる(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

メタルジグはタングステンの45gの物にヒットしました。その後もイサキやキジハタ、フエフキやカサゴといった多種多様な魚が周りで上がります。

SLJでイサキにキジハタ  アタリが激減する落とし穴とは?【山口】良型のキジハタをキャッチ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

ここで自分には良型のキジハタがヒットしました。

ライン太くしアタリが激減

そうこうしているうちに、周りではヤズ(ブリの若魚)が上がり始めました。そこで、使っていた0.8号のPEラインから青物にも安心の1.2号に変更。これが不味かったようです。それまでコンスタントに出ていたアタリが嘘のようにパタっとなくなりました。

当日メインで使用していたジグを、ラインを太くする前にロストしていたので、メタルジグが合わないのかなと考えて続けましたが、アタリが遠い。

1.2号にしても着底は感じ取れていて、リーダーの太さはかえていないので原因がイトであるとはまったく思っていませんでした。

0.8号に戻しアタリ復活

周りではずっと誰かのサオが曲がっている状態。

SLJでイサキにキジハタ  アタリが激減する落とし穴とは?【山口】周りは好調にヒット(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

船長は釣れる場所につけてくれているのに自分はアタリが遠い。終了間際になり、まさかと思いながらイトを0.8号に戻しました。するとまるでいままでが嘘のようにアタリが復活。使っているメタルジグは同じ物なのにカサゴ、キジハタが連続で上がりました。

SLJでイサキにキジハタ  アタリが激減する落とし穴とは?【山口】苦戦している間に釣れていたイサキ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

次のページでは最終釣果の発表とアタリが減った原因を考察

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。