海のルアー釣りを始めよう:アジを狙う『アジング』ってどんな釣り?

海のルアー釣りを始めよう:アジを狙う『アジング』ってどんな釣り?

海のルアーフィッシングデビューにお勧めな、ライトゲーム。中でも、近年人気が急上昇しているのが、アジを釣る「アジング」です。釣り未経験者に向けて、この「アジング」について紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アジングって何?

アジングとは、アジを疑似餌(ワーム、ハードルアーなど)で釣ることです。ほとんどの場合、ジグヘッド単体、通称「ジグ単」と呼ばれる、ワームとジグヘッド(ハリにナマリがついたもの)の釣りと考えていいでしょう。98%、陸っぱりのアジングといえば、この仕掛けです。

海のルアー釣りを始めよう:アジを狙う『アジング』ってどんな釣り?ジグ単でアジ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ただし、アジングでは、ジグヘッドの重さ1g以下という、入門者にとってはちょっと信じがたいような軽さのリグ(仕掛け=アジングではほぼ「ジグ単」)を使います。あるいは1g以下の世界は2シーズン目以降にした方がいいかもしれませんが、たとえば目の前にある程度の群れの密度が濃いアジがいるとして、2gのジグヘッドで釣れないとすれば、やはりそれは、ジグヘッドの重さが関係しています。

アジングでは、ジグヘッドは、基本的に「より軽く」が鉄則です。

アジングタックル

タックル、すなわちサオとリールの組み合わせです。

アジングでは、釣りにおける重要度として、タックルが50%程度を占めます。あとの50%は、イトの細さと、リグ(仕掛け)の軽さです。トラウトタックル、メバルタックルなどがある程度流用適正がありますが、やはり専用タックルがなんといっても釣りやすいです。

基本となるタックルは、次の通りでしょう。

ロッド(サオ)

5ft台後半~6ft台前半(穂先がやや軟らかめのUL(ウルトラライト)表記サオ推奨)

リール

スピニングリール1000番(巻くイトはエステルライン0.3号推奨)

海のルアー釣りを始めよう:アジを狙う『アジング』ってどんな釣り?アジングタックル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アジングのポイント&釣り方

アジは「秋、夜、常夜灯下」という3条件が揃っていればベストです。

アジは夕方から夜にかけて活性が上がり、小魚やプランクトンを捕食対象として、漁港などに接岸してきます。そしてプランクトンは、常夜灯の光によって光合成して増殖し、そのままアジのベイト(捕食対象)となったり、またまたアジのベイトとなる小魚を寄せます。

絶好のシーズンは秋です。どの地方でも秋がもっとも釣れやすく、厳冬期は難しく、3月くらいまでは釣りにくくなります。4月はアジの産卵期にあたり、「荒食い」と呼ばれる産卵前の体力チャージの回遊に当たれば、20cm後半の大きなサイズを狙うこともできます。

海のルアー釣りを始めよう:アジを狙う『アジング』ってどんな釣り?春、常夜灯下のアジ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

6月頃から産卵されたアジが孵って、いわゆる豆アジのシーズンに入ります。豆アジは小さくて釣りにくいですが、その難しさがいい練習となり、ここで感触を身につけておくと、秋に数釣りができます。

繰り返しになりますが「秋・夜」という季節と時間の条件、そして「常夜灯下」という場の条件が整えば、アジは釣れます。そして必ず秋でなくても、アジには適水温というものがあり、水温15℃~24℃前後までは、接岸した状態で留まることがあります。そのため、各情報発信源から水温をチェックして、常夜灯下に足を運べば、通年、釣れる期待も大です。

次のページで釣れやすさをアップさせる要素を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。