ナマズゲームで良型本命連発 ソフトボディのルアーが奏功【岐阜】

ナマズゲームで良型本命連発 ソフトボディのルアーが奏功【岐阜】

岐阜県岐阜市近郊の釣り場へ、ナマズ釣りに5月9日と15日に出かけてきた。9日は1匹に終わったが、15日はコンスタントにバイトがあり、良型をゲットしたのでリポートしたい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

岐阜市近郊で連夜のナマズ釣行

5月9日と15日に、釣友の泉君と岐阜県岐阜市近郊の釣り場へ、ナマズ釣りに出かけた。この季節は夏に比べて快適な気温で虫や草木も少ないので、ヒトの都合からして一番ナマズ釣りがしやすいと思っている。

ナマズゲームで良型本命連発 ソフトボディのルアーが奏功【岐阜】ナマズタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

ナマズのポイント

最初に入ったポイントは両岸護岸で一見変化に乏しい川だが、田んぼからの流れ込みや岸際に生えるアシのヨレ、オーバーハングする木の下など、変化のある場所がポイントとなる。

すぐにナマズのバイトを得られたが乗らず、追い食いもなし。あまりやる気がないのか、他の釣り人によるプレッシャーか、何度か単発のバイトはあるもののそれっきりでヒットには至らず。このポイントは他の釣り人にも撃たれやすい場所なので、プレッシャーが高いのかもしれない。

用水路で62cmナマズ

次は小さな用水路へと移動。探っていくと、いかにもな水門のいかにもな流れのヨレで泉君のルアーにアタックがあったが、ちょっとハリ掛かりしてバレてしまった。

次があるさと歩きながら探っていくと、自分のビッグバドにモワッと追尾を視認した瞬間にバイト。2度目の追い食いでしっかりフックをくわえてフッキングに成功。暴れるナマズをいなして抜き上げると、重みがありなかなかのサイズだ。計ってみると62cmだった。幅5mもないような水路でもこのサイズが出てくるので侮れないのだ。この後はバイトがあったのみでこの日は終了。

ナマズゲームで良型本命連発 ソフトボディのルアーが奏功【岐阜】筆者が62cmをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

キャスト練習中にヒット

お次は15日に、今度はナマズをあまり釣ったことのない坂本さんも同行し、3人でのアタック。まず坂本さんに有望ポイントを攻めてもらおうと思ったら「キャスト練習させて……」と、適当な場所にキャスト。

するとルアーの泳ぎが見えずにサオが曲がっている。なんと適当に投げたところで音もなく落ちパクしてしまった。ナマズと言えばあの豪快なバイトシーン。それを体験してほしかったので、思っていたのと違う釣れ方ではあったが、まずは1匹キャッチ。

ナマズゲームで良型本命連発 ソフトボディのルアーが奏功【岐阜】ナマズの経験が浅い坂本さんにヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

この日はコンスタントにバイトがあり、泉君に60cmちょいのナイスサイズがヒットしたところで、前回の水路へ移動。

ナマズゲームで良型本命連発 ソフトボディのルアーが奏功【岐阜】泉さんが腹パンの1匹(提供:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

筆者は連続ヒット

撃ちながら歩いていくと、前回釣った辺りでチェイスの波紋が見え、パカーンッとバイト。キャッチしたのは50cmほどのレギュラーサイズだ。

ナマズゲームで良型本命連発 ソフトボディのルアーが奏功【岐阜】筆者の1匹目はこれまたグットサイズ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

この魚をリリースしてすぐ、なんと2投連続で同型がヒット。見た感じでは微妙な、もしかすると投げずにスルーしてしまうようなポイントなのだが、何か魚をストックする要素があるようだ。

ナマズゲームで良型本命連発 ソフトボディのルアーが奏功【岐阜】筆者の2匹目(提供:週刊つりニュース中部版APC・松尾尚恭)

次のページではスレっからし効くワンポイントと最終釣果を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。