【2021岐阜】鮎トモ釣りオススメ河川:庄川 全国利き鮎会で準優勝

【2021岐阜】鮎トモ釣りオススメ河川:庄川 全国利き鮎会で準優勝

毎年アユ釣りでお世話になるのが、岐阜県は飛騨高山の庄川上流の庄川漁協だ。アユトモ釣りのオススメ河川として、紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・大西實)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

庄川上流のポイント紹介

岐阜県は飛騨高山の庄川上流の釣り場は、アクセスのいい東海北陸道・荘川インターすぐ下。道の駅荘川で日釣り券とオトリを購入することができる。

【2021岐阜】鮎トモ釣りオススメ河川:庄川 全国利き鮎会で準優勝漁協前から上流のポイント(提供:週刊つりニュース中部版APC・大西實)

ポイントは少し下流の荘川の里と三連水車の下がお勧め。また漁協の横は流れがあり、石も良い感じで点在している。釣り場も広く、距離も1km近くあって楽しめる。

【2021岐阜】鮎トモ釣りオススメ河川:庄川 全国利き鮎会で準優勝三連水車の下(提供:週刊つりニュース中部版APC・大西實)

荘川の里裏は、毎年多くの釣り人が楽しんでいる場所だ。また少し下流になるが、蕎麦正の下から上流は起伏に富んだ場所で、一日飽きずに楽しめるポイント。下流は牧戸橋上下もいい感じの場所だ。

【2021岐阜】鮎トモ釣りオススメ河川:庄川 全国利き鮎会で準優勝荘川の里前(提供:週刊つりニュース中部版APC・大西實)

庄川の攻め方

攻め方としては、石頭か流れが強めの方がいい。なぜなら石裏やよどみは、イワナやヤマメがオトリを狙いにくるので要注意なのだ。毎年1~2回は大型のイワナやヤマメに、ラインブレイクされてしまう。

上流部は川幅も狭いので、短めのサオをお勧めしたい。水引きは早いのだが、集中豪雨には気を付けてほしい。

香り高いアユとソバが魅力

この川のアユは、2年前に全国利き鮎会で準グランプリを獲得するほどのクオリティ。状態が良く、いいにおいのアユがサオにいい手応えを与えてくれる。また標高が高いので、夏は涼しく一日を楽しく過ごせる。

お昼はおいしいソバもあり、帰りには桜香の湯で疲れを癒やせる。また日釣り券を見せると割引もある。

<週刊つりニュース中部版APC・大西實/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
庄川
庄川漁協 TEL=05769(2)2014
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年5月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。