今さら聞けない『東京湾奥シーバスゲーム』:年間のシーズンと釣り方

今さら聞けない『東京湾奥シーバスゲーム』:年間のシーズンと釣り方

近年、盛り上がりを見せる東京湾奥のシーバスゲーム。当記事ではそんなシーバスゲームの年間のシーズンと生態について解説する。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター沖悠太)

沖悠太

東京湾奥を中心に活動するルアーマン。メインターゲットはシーバス。夏はチニング、冬はメバリングも。短時間釣行が多い為、効率的な攻め方を日々模索中。

×閉じる

ソルトルアー ショア

シーバス(スズキ)の生態

東京湾では、海、河川の汽水域、運河など、幅広いエリアに生息している。成長と共に、セイゴ→フッコ→スズキと呼び名がかわる出世魚で、獰猛なフィッシュイーターだ。小魚だけでなく、エビ、カニなどの甲殻類も好んで捕食する。東京湾は、シーバスの生息数世界一を誇るとも言われている。

シーズン毎のメインベイト

そんなシーバスの、シーズンごとのメインベイトを確認しよう。

今さら聞けない『東京湾奥シーバスゲーム』:年間のシーズンと釣り方ルアーに掛かったベイト(提供:TSURINEWSライター沖悠太)

春のベイト

春がやってくると同時に、それに合わせて東京湾奥の港湾部や運河に、バチ、ハク(ボラの幼魚)、アミなどの姿が多く見られるようになってくるため、シーバスの格好のベイトとなる。

夏のベイト

春に比べ少し大きく成長成長したイナッコ(少し成長したボラの幼魚)が見られるようになってくる、水温の上昇に伴い、エビやカニなどの甲殻類の動きが活発になるため、シーバスはそれらも好んで捕食する。

秋のベイト

生き物が活動し易い時期のため、イナッコ(少し成長したボラの幼魚)、イワシ、サヨリ、コノシロなど、大小様々な魚種が東京湾奥にも入ってくる時期であり、シーバスも冬の産卵に備え、それらのベイトを活発に捕食する。

冬のベイト

ベイトとなる小魚の数がグッと減少する季節だが、東京湾奥では、冬にカタクチイワシが大量に入り込んでくることも多く、それらはシーバスにとって格好のベイトとなる。荒川や多摩川といった大型河川では早いところで1月半ばごろからバチ抜けが起こる。

次のページでは各季節のオススメフィールドと釣り方を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。