釣り最中のあるある「ヘンテコ体験」 ハリがなくても魚が釣れた?

釣り最中のあるある「ヘンテコ体験」 ハリがなくても魚が釣れた?

釣りをしていると、ふっと気が抜けるようなヘンテコ体験を誰もがしているのではないだろうか?そういうのも釣りの楽しみだ。筆者の体験から、いくつか紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

誰にでもあるはずのヘンテコ体験

海は深くて広い。そしていろんなものがいる。数限りない魚や、その他もろもろの生物、そして悲しくも投棄されたのであろうものも。そんなのが釣れてしまうのも、思えば、釣り人ならではの体験なのか。ヘンテコ体験。これまた釣り人の特権?

私の直近の経験では、次のようなことがあった。スレ掛かり?のうちに入るのだろうか。

スナップで釣れちゃった

メバリングをしていて、強い引き込みがきた。キワで掛けた魚、なかなかのグッドサイズが足元のマイナス方向に走っていく。PEライン本線を擦らないようにドラグを滑らせ、ロッドを手前に持っていってうまく魚の頭をこちらに向かせる。ようやく浮上した良型を抜き上げた。

そして写真撮影するためにライトを当たると、このメバル、ハリ先が口にいっていない。なんとスナップが口の薄皮に掛かっていた。あるいはハリが途中で外れて、スナップだけ残ったのかもしれないが、こんなこともあるのだろうか。

釣り最中のあるある「ヘンテコ体験」 ハリがなくても魚が釣れた?スナップで釣れた良型メバル(提供:TSURINEWSライター井上海生)

スナップをつけていると、なんとなく釣れ渋る日がある。けれど、反面、というかなんというか、こういう風にスナップのおかげで拾える魚もいるようだ?

アジの目にヒット

スレ掛かり?その2でいうと、これまた最近なのだが、アジングをしていて、明らかに一回りデカいアジがきた。慎重にやり取りして、絶対にバラシはしまと追いアワセも入れて、手前まで寄せる。高さ5mの抜き上げにヒヤヒヤしながら、ドラグでずりあげてきて、なんとかフィッシュグリップで挟んだ。取り込み完了。

そしてまた写真撮影のためにライトを当てると、このアジもハリ先が口にいっていない。なんと申し訳ないことに、目にフッキングしていた。もちろん私が狙いで目フッキングなどできるわけがないので、アジがリグにアタックして反転したときに自動的にハリが目に刺さったのだろう。しかしただでさえバレやすいアジを、目のフッキングで取り込みまで持ち込めたのは、何かしらの成果ともいえる?

釣り最中のあるある「ヘンテコ体験」 ハリがなくても魚が釣れた?アジの目にフッキング(提供:TSURINEWSライター井上海生)

なんでか釣れるヒトデ

これも釣り人のあるあるだと思うのだが、ヌッとボトムで何かが乗ることがある。巻いてくる最中にわかることもある、あ、ヒトデだろうな……と。

これは何なのだろう?ワームにもあるし、ハードルアーにもある。ヒトデというのは案外海中で俊敏に動き回っていて、あるいは、釣りバリに掛かった状態というのは、食ってきたという意味なのだろうか。

食べられるのかな、なんてことは微塵も思わず無表情でリリースする。でもたまに堤防に張り付いて乾いていたりするのを見るとかわいそうだ。生き物はちゃんと放してあげよう。

釣り最中のあるある「ヘンテコ体験」 ハリがなくても魚が釣れた?ヒトデがルアーにヒット(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページではその他の思い出される不思議体験を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。