デイナマズゲームで60cm本命 リフト&フォールにヒット【愛知・紙田川】

デイナマズゲームで60cm本命 リフト&フォールにヒット【愛知・紙田川】

5月2日、愛知県豊橋市を流れる紙田川へデイゲームのナマズ釣りに出かけた。竹林橋~大井橋までを探った当日の釣りをリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

紙田川でデイナマズ

現地にはサーフィン後の昼すぎに到着。さすが農業の豊橋。キャベツ畑が一面に広がり、風が吹いていなくてもどこからともなく牧場の香りが私の鼻を刺激する。市内の産直市場では採れたてのキャベツを格安で購入でき、一般にスーパーで出回っているものよりデカく、土産にもお勧めだ。

ポイントを見渡すと、水質はマッディ。通常よりも減水傾向で、コイなどの魚影は全く見当たらない。強い日差しとシェードが形成されていることはまだ救いだが、果たして釣れるだろうか。まずは竹林橋周辺からスタート。

デイナマズゲームで60cm本命 リフト&フォールにヒット【愛知・紙田川】自然豊かな紙田川(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

自作のスピナー3gのアピール系を、橋下のシェードと近くの流れ出しにピッチングして狙っていく。着水したらゆっくりタダ巻きして探ってみる。探るレンジは水面直下~ルアー1個分下くらい。しかしここでは反応なくノーバイトで、神出川合流部へ移動した。

手当たり次第ナマズ探る

ここは岸際に群生するアシや護岸際のシェードと、ボトムの起伏が狙いめ。神出川からの流入が少しでもあればナマズがヒットしやすいが、この日は流れがないので期待できそうにない。

ただカエルの鳴き声は聞こえるので、もしかしたら潜んでいるかも。目につくシェード周りを、手当たり次第ピッチングで探っていく。するとピックアップ直前、明確なバイト。しかし、スッポ抜け。だがよく見ると、バイトしたのは大きなコイだったようで、少しホッとした。

その後上流へ向かいながら、点在する堰(せき)の落ち込みにルアーを落としてみたが、反応は見られず最後に大井橋周辺へ移動した。

流れのヨレから60cm急襲

ここも岸際のアシや岸際のシェードが主なストラクチャーだが、水質はスティン。流れがヨレている所や倒木も見られ、期待ができそうだ。

ルアーを流れがヨレている所にキャストし、倒木の横をかすめるようにリフト&フォールさせてみると、これがハマりボトムからナマズが現れて猛アタック。スイープフッキングすると、ロッドが弧を描いた。

デイナマズゲームで60cm本命 リフト&フォールにヒット【愛知・紙田川】60cmのナマズ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介)

引きは強くドラグは締め込んでいたが、ジリジリとラインが出ていく。ここのナマズはパワフルだ。バラさないように注意しながら慎重にやり取りして、足元まで寄せてランディング。キャッチしたのはジャスト60cmのきれいなナマズだった。その後、午後2時ごろに納竿とした。

<週刊つりニュース中部版APC・丹羽祐介/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
紙田川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年6月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。