釣り人的特権レシピ:マダイのカブト煮 高級魚日本代表を味わい尽くす

釣り人的特権レシピ:マダイのカブト煮 高級魚日本代表を味わい尽くす

値の張るマダイを頭から尻尾まで食べられるチャンスが多いのは、釣り人の特権ではないでしょうか。今回はそんなマダイの頭を使ったカブト煮のレシピをご紹介いたします。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

さかな検定2級。主に遊漁船での沖釣りでルアーも餌もこだわりなく楽しんでいます。たまに仲間と遠征釣行にも出掛けてます。

×閉じる

その他 レシピ

釣り場での下処理

釣り上げたマダイは元気なうちにナイフと海水で血抜きをします。

血抜きした魚は、クーラーボックスに用意したたっぷりの氷に海水をひたひたに注いだ海水氷などを作り、なるべく鮮度のいい状態で持ち帰りましょう。海水を入れずに氷だけの場合もなるべく大量の氷で魚を覆い、低温のまま持ち帰りましょう。クーラーボックスに2Lのペットボトル氷1本だけとかブロックアイス1本だけとかでは、保冷力が弱くおすすめできません。

釣り人的特権レシピ:マダイのカブト煮 高級魚日本代表を味わい尽くすしっかり冷やして持ち帰ろう(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

自宅での下処理

1、マダイのウロコを包丁やうろこ落としなどできれいに落とす。
Point:マダイのアタマも意外とウロコが多いので丁寧に落としましょう。

2、出刃包丁などでマダイの頭と胴体を切り離す。
Point:筆者はカブトをたくさん食べたいので頭を大きめに切ってます。

釣り人的特権レシピ:マダイのカブト煮 高級魚日本代表を味わい尽くす頭は大きめに切ります(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

3、マダイの頭を縦に半分に切り分ける。

釣り人的特権レシピ:マダイのカブト煮 高級魚日本代表を味わい尽くす頭を半分に割る(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

  3-1、頭の軟らかい部位は出刃包丁で切れ目を入れていく。

釣り人的特権レシピ:マダイのカブト煮 高級魚日本代表を味わい尽くす包丁で切れ目を入れる(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

  3-2、口の部位など硬い部分は出刃包丁で梨割りにする。

釣り人的特権レシピ:マダイのカブト煮 高級魚日本代表を味わい尽くす硬い部分は出刃包丁で梨割りに(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

Point:梨割りは力技で包丁を縦に突き刺し、突き刺した箇所を支点にして割るように包丁を手元に切り下す。口元が割れたら少し奥に突き刺して直して同様の作業を繰り返し、頭を完全に二つに切り分ける。くれぐれも怪我をしないように注意ください。

4、アタマについているエラと血合いと内臓を取り除く。
Point:エラや内臓を取り除く際はキッチンばさみを使うと作業がラクですよ。

5、切り分けたカブトを水道水できれいに洗う。

6、キッチンペーパーや清潔な布巾などで水気をできるだけ拭き取る。

7、マダイの頭に料理酒を振る。
Point:料理酒はスプレーボトルに入れておくと少量でまんべんなく振り掛けることができます。

8、マダイのカブトの両面に塩をやや強めに振り、20分ほどザル付バットなどに置き、浮き出た水分をキッチンペーパーなどでふき取る。
Point:新鮮な魚のカブトをきれいに水洗いし酒と塩を振ってドリップを出してふき取るとだいぶ生臭さがなくなります。

釣り人的特権レシピ:マダイのカブト煮 高級魚日本代表を味わい尽くす酒と塩を振りドリップを出す(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

9、これで下準備を終えてもいいですが魚焼きグリルなどを使い、弱火で2~3分表面を乾かす程度に軽く焼くとさらに生臭さが抑えられます。

次のページでいよいよ具体的なレシピを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。