サビキで狙う極上『メクリアジ』釣り クーラー満タンの好釣果【兵庫】

サビキで狙う極上『メクリアジ』釣り クーラー満タンの好釣果【兵庫】

先日、4月に開業したばかりの斎藤釣渡船 斎藤丸でアジ釣りを楽しんできた。サビキ釣りでメクリアジが大釣りとなった当日の模様をリポートしたい。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター射手矢和晃)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

斎藤丸でアジ釣り

5月に入ったある日、船釣りの師匠の今田浩志さんから「メクリのアジ釣れ出したぞ。いつになったら来るんやー。尼崎から出てる新しくなった斎藤釣渡船 斎藤丸で行くから」と猛烈なお誘い電話をもらい、5月というのに2021年初釣りに行ってきた。

船宿によると釣れているアジは25~30cmまでの中サイズ。仕掛けはサビキだが、エダスが1号未満だと切られてしまうリスクもあるとのこと。ただ、1.5号以上まで上げると、今後は食いが悪いとのこと。なかなか手強い相手だ。

サビキで狙う極上『メクリアジ』釣り クーラー満タンの好釣果【兵庫】ターゲットのメクリアジ(提供:TSURINEWSライター射手矢和晃)

尼崎発で神戸沖へ

当日は5時15分集合。泉佐野からは阪神高速湾岸線で40分もあれば着ける好立地だ。私は朝4時起きで、尼崎の西堀運河にある乗船場を目指した。

サビキで狙う極上『メクリアジ』釣り クーラー満タンの好釣果【兵庫】受付の様子(提供:TSURINEWSライター射手矢和晃)

乗船場には、早くも師匠の今田浩志さんがいた。「今日は昼から風が強くなるから午前中勝負。朝イチの釣れる時にしっかり数を獲れよ」と激励の言葉(笑)船長の花田さんにもあいさつ。私の今年の初釣りなので、大漁の結果を残して、この船とは相性がいいというデータを残しておきたいというのも本音(笑)。

コーヒーをいただきつつ、今日はどうかな、昨日はどうだった的な会話を弾ませながら、私と今田さんの他に3人の釣り人を乗せて、5時半に出船。

「朝は神戸沖。様子見て、アカンかったら大阪北港へ走ります」と花田船長。とにかく出港地が尼崎なので、狙いの神戸沖までの所要時間は20分程度。船の後方で風に当たりながら神戸の景色を眺めていると、船のエンジンがスローになりだし、到着した。「ちか!」。

サビキで狙う極上『メクリアジ』釣り クーラー満タンの好釣果【兵庫】花田船長(提供:TSURINEWSライター射手矢和晃)

メクリアジ狙いのタックル

タックル準備に取り掛かる。サオはショートゲームタイプSの190Ⅲにリールは、ハイギア搭載のバルケッタCI4の200HGにPE2号を巻いて、仕掛けは波止目玉サビキに、20号のオモリをぶら下げた。なんといってもアジは口切れしやすい魚なので、胴調子の6:4くらいの軟らかいサオがオススメだ。硬いサオだと、アタリは取れても巻き上げ中の突っ込みで外れることもしばしば。ご参考まで。

仕掛けは、ハリ7号、エダス1号、ミキイト2号の「波止目玉サビキ」を使用した。アジを釣り続けてもハリが鈍りにくいため、手返しがよく私のお気に入りのサビキ仕掛けである。また、初心者でも扱いやすいのでオススメ!

サビキで狙う極上『メクリアジ』釣り クーラー満タンの好釣果【兵庫】私のタックル(提供:TSURINEWSライター射手矢和晃)

次のページでは開始早々いきなりダブルヒット

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。