【2021岐阜】鮎トモ釣りオススメ河川:長良川中央漁協管内

【2021岐阜】鮎トモ釣りオススメ河川:長良川中央漁協管内

今年も待ちに待った鮎釣りが解禁する。そこで私のホームフィールドの岐阜県美濃市、関市を流れる長良川中央漁協管内を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

梅雨明けから本格化

今年の長良川中央漁協の解禁日は2段回解禁方式で、長良川と武儀川、津保川は6月1日、板取川(片知川を含む)は6月20日解禁だ。

稚アユの放流は順調で4月7日から始まり、カワウ追い払いと同時に本格的に放流は4月中旬~5月中旬にかけて実施予定。県の魚苗センターの人工種(海産系)10286kmを放流。内訳は長良川4536km、板取川3290km、武儀川1230km、津保川1230km、放流量には県の委託放流分も含んでいる。

2020年は雨に泣かされた一年だった。長良川中央は梅雨の長雨の影響でアカが飛んだ状態が長く続き、7月ごろは野アユがやせ細ってしまったが、8月ごろからアカが付き始めて回復。シーズン後半の短期間だったが、私は9月上旬に20~25cmの良型が入れ掛かりで良い思いをした。その後また秋雨全線の大雨が降り、良型のアユが落ちてしまった。

毎年の傾向だが、シーズン初期は水温がまだ低いので、低調なことが多い。それでもポカポカ陽気が続き、渇水で天然遡上が多い年は解禁日から爆釣することもある。

例年だと長良川中央は梅雨が明ける7月後半ごろから天然遡上が大きく成長し、活発に追い始めると本格的に釣れだす。

長良川:御手洗の瀬

それでは長良川と板取川のお勧めポイントを1カ所ずつ紹介しよう。

まず長良川では御手洗の瀬だ。トモ釣り専用区ではないが、長良川中央漁協管内を代表する瀬のひとつだ。右岸から河原に入れるから、駐車スペースも広く入川しやすい。大きな大会やクラブ例会も頻繁に行われているため、比較的人の多い場所でもあるが、その代わりポイントが広いので釣りには困らない。

【2021岐阜】鮎トモ釣りオススメ河川:長良川中央漁協管内御手洗の瀬(作図:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

御手洗の瀬は長い瀬で急瀬、早瀬、平瀬とこれから瀬釣りを始めたい人や、ベテランの瀬釣り師にはお勧めしたい。瀬肩から急瀬や早瀬から瀬尻など流れの変化を狙うとよく掛かる。

【2021岐阜】鮎トモ釣りオススメ河川:長良川中央漁協管内仕掛け図:長良川(作図:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

流れが速いポイントが多いので、比重のある水中イトでオモリや背バリを付けて、オトリを底流れまでしっかりと沈めて瀬を攻めるといい。流れがあり、引きが強いのでタックルもパワーのあるタイプを選びたい。

次のページでは板取川の蕨生大橋を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。