釣りの「後片付け」をステップアップ 『ウォッシャブルケース』活用術

釣りの「後片付け」をステップアップ 『ウォッシャブルケース』活用術

マイカーで堤防や遊漁船などの海釣りに行くとき、釣り道具の持ち運びにウォッシャブルケースを活用すると便利で片付けが楽です。3種のケースの活用術を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

さかな検定2級。主に遊漁船での沖釣りでルアーも餌もこだわりなく楽しんでいます。たまに仲間と遠征釣行にも出掛けてます。

×閉じる

その他 お役立ち

ウォッシャブルケース

海釣りに出掛けるとき、まるごと洗えるメッシュタイプのウォッシャブルケースが重宝しています。釣り場で使用する釣り道具は必然的に海水や塩分にさらされることになります。とはいえ、できれば未使用の道具は海水や塩分から守ってきれいな状態のまま自宅に持ち帰りたいものです。未使用の道具がきれいなままなら、帰宅後の片付けが楽になります。

そのためには釣り場で使用済みの塩分のついた道具と未使用のきれいな道具を別々に分けて保管する必要があります。この分類を容易にし、帰宅後汚れた道具の後片付けも楽にしてくれるのがウォッシャブルケースです。

釣りの「後片付け」をステップアップ 『ウォッシャブルケース』活用術便利なウォッシャブルケース(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

ウォッシャブルケース活用法

釣行時、防水性の高いバッカンなどのケースとウォッシャブルケースを用意し、海水や塩分から守っておきたい道具はバッカンにいれておき、海水や塩分をかぶってもいいものや使用済みの道具をウォッシャブルケースに収納します。そうすると釣り終了時点で海水や塩分のついたものは基本的にすべてウォッシャブルケースに収納されていて、バッカンの中は未使用のきれいな道具ばかり残っていることになります。

帰宅後バッカンの中のものは原則洗う必要はなく、ウォッシャブルケースの中の道具だけ洗えば片付け終了です。アイテムにもよりますがウォッシャブルケースなのでケースに道具を入れたまま水洗いすることもできますし、メッシュタイプなので水切れもいいのです。ガソリンスタンドの洗車機のようにいろんな角度から強いシャワーを当てると汚れや塩分も落としやすいと思います。

釣りの「後片付け」をステップアップ 『ウォッシャブルケース』活用術釣行後はケースごと丸洗い(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

ただし、アイテムによってはそのまま乾かしてもいいですが、フックなどの金属類は残った塩分で錆びるリスクもあるので水分を拭き取ったりしたほうがいいでしょう。いずれにせよ釣行後の片付けが非常にラクになるのです。

次のページで筆者が愛用のウォッシャブルケースを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。