東京湾奥『シーバスゲーム』でバイト連発 バチ抜け狙い撃ちで5匹手中

東京湾奥『シーバスゲーム』でバイト連発 バチ抜け狙い撃ちで5匹手中

5月、6月に最盛期を迎える東京湾奥、港湾部・運河のバチ抜け。今回は実際に筆者がバチ抜けシーバスゲームを攻略しに釣行に臨んだので、その模様をお伝えする。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター沖悠太)

沖悠太

東京湾奥を中心に活動するルアーマン。メインターゲットはシーバス。夏はチニング、冬はメバリングも。短時間釣行が多い為、効率的な攻め方を日々模索中。

×閉じる

ソルトルアー ショア

東京湾奥シーバスゲーム

釣行日時:5月4日  21時~22時半
潮:小潮
釣行場所:都内運河
ターゲット:シーバス

当日はバチ抜けを狙う潮回りとしてはそれほど期待できない小潮の上げ。満潮に向かって少しずつ潮位が上がっていくタイミングでの釣行となった。

現場は穏やかな南風が吹いており、水面にも程よく風が当たっている状況で、シーバスの警戒心が薄れそうなポジティブな要素も見受けられた。

程なくして、水面に引き波を立てて泳ぐバチが散見できるようになり、徐々にその数が増えて行くと同時に、時折シーバスのボイルと、水面直下での捕食時に発生するもじりも増えていった。

ルアーセレクトと作戦

時折起こるボイルとその近辺を狙い撃つため、表層をゆっくりと引けるフローティングタイプのバチ用ルアーをチョイス。ボイルの起こった少し先までキャストし、ボイルポイント付近でルアーの動きを緩めたり敢えて止めたりし、シーバスにアピールする作戦で挑んだ。

エリア10で1匹目

ちょうど釣りを開始したタイミングでシーバスのボイルが発生しだした。おそらく、満潮時に運河内で大量発生するバチを捕食するために、上げ潮に乗って外海からシーバスの群れが運河に入り込んできたタイミングだったようだ。

ボイルに合わせてトップレンジを狙うため、まずはノガレ120Fをセレクト。数投目からルアーの後ろをシーバスがチェイスしている様子や、ショートバイトが多発した。しかし、捕食時の吸い込みが弱く、ノガレ120Fだと浮力が強くフッキングに至らなかったので、少し浮力を抑えたエリア10にルアーチェンジ。

この判断が功を奏し、シーバスをキャッチすることができた。その後、港湾部・運河のバチ抜けで筆者が全幅の信頼を寄せるアルデンテ95Sにルアーチェンジしヒットに持ち込むも、バラしてしまう。

東京湾奥『シーバスゲーム』でバイト連発 バチ抜け狙い撃ちで5匹手中1匹目をキャッチ(提供:TSURINEWSライター沖悠太)

水面を割るバイト連発

その後は完全に時合いに突入したようで、辺り一面でシーバスのボイルの嵐。流れるバチの量もさらに密度を増し、この日最大のチャンスタイムに。

良型からセイゴサイズまで、相当数のシーバスが運河内に大挙して押し寄せてきている様は圧巻であり、水面を引くルアーを吹き飛ばすようなバイトの連発。誤爆も多数で興奮のひと時となった。

東京湾奥『シーバスゲーム』でバイト連発 バチ抜け狙い撃ちで5匹手中水面を割るバイトで良型ヒット(提供:TSURINEWSライター沖悠太)

次のページで最終釣果と今後の展望を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。