2days投げキス釣りで28匹 最大5連掛けも達成【三重・香良洲海岸】

2days投げキス釣りで28匹 最大5連掛けも達成【三重・香良洲海岸】

4月21日と22日、津市に位置する香良洲海岸へキスを狙って釣行。21日は3匹に終わったが、22日は5連掛けも交え25匹を得たので、その模様をお届けする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・ 横山准司)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

香良洲海岸で投げキス釣り

4月後半に入り気温が25度前後まで上がる日が出てきたことから、平日ではあるが4月21日、津市に位置する香良洲海岸へ釣行してみることにした。休日ではないので、2時間程度の釣行となる。仕事を終え、すぐに香良洲海岸へ向かった。

今回の潮は長潮。満潮は午前11時43分なので、ゆっくりと落ちていく潮になる。キス釣りのシーズン初めは、水温が低いので潮が落ちている方が、日差しが海底に届きやすいので、水温は上がり、キスも高活性になる。

会社から車を走らせ、午後4時すぎに香良洲海岸へ到着した。やはり、陽はだいぶ傾いてきている。釣り座は松林から南に少し行った、スロープがある場所から始めることにした。この時期は、海藻が多いので、その前後が狙いめになる。

時間が無いので、急いで支度をし、第1投は6色へ投入した。北西の風が5~6mとかなり強いので、キャストしづらく、アタリも取りづらい状況だ。

7色~6色で本命ゲット

オモリの着水を確認し、イトフケを取り、探りを開始するとしばらくしてアタリは出たが、アマモに仕掛けが絡み、回収すると、ハリがない。アマモが5~6色近辺にかなり生息している。

2投目はアマモを避けるため、7色出し切りから、6色のイトの範囲を探るようにすると、キスのアタリがあり、アマモ帯を避けるため、仕掛けを急浮上させて回収すると、キスが1匹掛かっていた。

何回かキャストを繰り返すとキスのアタリは出たが、うまく掛けられず、この日は午後6時にて終了した。釣果は小型が3匹だった。今回キャストした感じで、キスのいるポイントを知ることができたので、翌日再度挑戦してみることにした。

アマモ周りで反応を探る

4月22日、潮は若潮で満潮が午後2時9分、干潮が午後8時39分とのことだ。エサは前日の残りで十分なので、コンビニで氷を購入し、香良洲海岸へは、午後3時30分ごろに到着した。昨日のポイントは比較的感触が良かったので、松林から300mほど南の場所でスタートすることにした。毎年恒例のマイポイントだ。

車を止めタックルを車から降ろし、急いで砂浜に降りた。車の正面からキャストをする予定だ。キスの活性は低いので、ハリは小さめの競技キスSPの4号を使うことにした。吸い込みが良く、ハリ先が鋭く強いので掛かりやすい。

前日の結果から、アマモの前後にキスがいるので、そのポイントを狙う。夕暮れが近く、アマモの位置が分からないため、7色の後半からアマモの生息している6色前後を探るのが良さそうだ。仕掛けをアマモに近づけながらキスを釣る作戦だ。

開始早々にキス2連

第1投は7色出し切りからスタートした。オモリの着水を確認し、イトフケを取り、探りを開始した。

気を付けないと、アマモに仕掛けが引っ掛かるので、ゆっくりとキスのアタリを期待しながら、探りを開始すると、半色ほど探った所で、キスのアタリが出た。

力強いほどのアタリではないが、確実にキスと分かるアタリだ。早アワセは禁物なので、ゆっくりと誘いをかけながら連掛けを狙うと、少したって、追加らしきキスのアタリが出た。幸先が良さそうだ。

そのまましばらく探りを繰り返し、5色残して仕掛けを回収すると、キスが2連で掛かってきた。狙い通りだ。

5連掛けも達成

キスをクーラーに入れ、エサを付け替え、第2投目も8色の手前へ投入した。イトフケを取り、探りを開始すると、いきなりキスのアタリがサオ先に伝わってきた。ちょうど良いポイントに仕掛けが入ったようだ。そのまま探りを続けると、キスのアタリが立て続けに出た。

しばらく探り、仕掛けを回収すると、波打ち際になんとキス5連の釣果が現れた。この時期にいきなりの5連だ。思わず笑みがこぼれた。

2days投げキス釣りで28匹 最大5連掛けも達成【三重・香良洲海岸】見事多連掛けに成功した筆者(提供:週刊つりニュース中部版APC・ 横山准司)

次のページで最終釣果と今後の展望を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。