『オフショアサクラマスジギング』のキホン:初めてのロッドの選び方

『オフショアサクラマスジギング』のキホン:初めてのロッドの選び方

オフショアサクラマスジギングをやってみたい!という入門者に向けて、最初の1匹を釣るため、ロッドのタイプによる違いやメリット、オススメの機種などをご案内します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

サクラマスジギングのロッド

一般的にジギングといっても、様々な種類の釣りがあります。

軽量な100g以下のウェイトのジグをメインに使うジギング、100~200gクラスのジグを使用するジギング、200g以上のジグを使う釣りもジギングですし、時にはジグのウェイトが1000g以上の場合でもジギングはジギングです。このように使用するジグの重さでクラス分けすることもありますし、釣りをする水深の浅い深いでもクラス分けする場合もあります。

オフショアサクラマスジギングはこれらの考え方からすれば、ライトクラスのジギングに該当する釣りとなります。使用するジグの重さは概ね100~200gですので、この基準を目安にロッドを選ぶことになります。

『オフショアサクラマスジギング』のキホン:初めてのロッドの選び方ジグウェイト100~200gを基準に選ぼう(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

釣具店での購入を検討するなら、信頼できるお店の店員さんにサクラマスジギングで使うロッドを探していますと話してみてください。ネットで購入を検討しているのなら、ロッドの商品説明で使用ジグウェイトとして明記されていますので、確認してから購入してください。

スピニングとベイト

ジギングで使用するロッドには、スピニングリールを使用するスピニングロッド、ベイトリールを使用するベイトロッドの2種類があり、それぞれにメリットがあります。

『オフショアサクラマスジギング』のキホン:初めてのロッドの選び方スピニングタックルとベイトタックル(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

スピニングタックル

軽いジグウェイトを使用してもジグの落下スピードが速く、狙うタナにいち早くジグを送り込むことができます。バックラッシュの心配が少ない分、ジグをチョイ投げして釣る場合にも有効です。

ベイトタックル

重いジグの扱いに有利。余分なラインが出にくいので、アタリに対して反応しやすくなります。デジタルカウンター装備のリールもあるので、中層をシビアに狙う時などは有効です。

サクラマスジギングにはベイトロッドがオススメですが、スピニングロッドを使うことで広くエリアを探ることが可能となったり、テンポよくレンジを探る場面など、スピニングタックルには、ベイトタックルにはない利点も多いです。2本のロッド購入を考えているなら、2本目のロッドはスピニングロッドの購入も視野に入れておくのもアリだと思います。

次のページで著者のオススメロッドを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。