塩焼きに飽きたら試して欲しい「焼き物」レシピ:ヒラマサの柚庵焼き

塩焼きに飽きたら試して欲しい「焼き物」レシピ:ヒラマサの柚庵焼き

魚の「焼き物」レシピといえば「塩焼き」。なんだかんだ一番おいしい魚レシピだと感じている方も多いのでは?でも、レパートリーもやっぱり欲しいところ。今回は、ヒラマサの柚庵焼きを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

さかな検定2級。主に遊漁船での沖釣りでルアーも餌もこだわりなく楽しんでいます。たまに仲間と遠征釣行にも出掛けてます。

×閉じる

その他 レシピ

ヒラマサの柚庵焼き

ヒラマサの柚庵焼きはこんな釣り人におすすめしたいレシピです。

・魚料理は焼き魚に限る
・煮魚よりも焼き魚が好き
・塩焼き以外の魚の焼き方を知りたい
・かんたんにできる漬け焼きのレシピを知りたい
・魚が苦手な家族も喜んでくれる料理を知りたい

今回はそんなあなたにヒラマサの柚庵焼きをご紹介いたします。材料にする魚はヒラマサ以外にも、ブリ(ワラサ、イナダ)、カンパチ、サワラなどでも大丈夫です。

ぜひお試しください。

柚庵焼き(幽庵焼き)って何?

柚庵(幽庵)焼きは、ウィキペディアなどによると江戸時代の茶人北村祐庵という人が考案したとされるレシピで、しょう油、酒、みりんを1:1:1の比率で合わせた幽庵地に柚子を入れた漬け汁に魚を漬けて焼く料理とのことです。伝統的な日本料理なんですねー。

フツーにしょう油だれっていうよりも料理名がイケてますねー。柚子は季節や地域によっては手に入りにくいので、今回はいつでも手に入りやすいレモン汁で代用します。ということで「檸檬庵焼き」とでも名付けましょう。柚子やレモン以外の柑橘類でも大丈夫です。

塩焼きに飽きたら試して欲しい「焼き物」レシピ:ヒラマサの柚庵焼きたれに漬けこんで焼く柚庵焼き(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

材料(2人分)

・ヒラマサの切り身 2切れ
・レモン汁 大さじ1
・しょう油 大さじ2
・料理酒 大さじ2
・みりん 大さじ2
・塩 少々

釣り場での下処理

魚が釣れたら魚が元気なうちにナイフと海水で血抜きをします。血抜きした魚はクーラーボックスにたっぷりの氷に海水をひたひたに注いだ海水氷などでなるべく鮮度のいい状態で持ち帰りましょう。

海水を入れずに氷だけの場合もなるべく大量の氷で魚を覆い低温のまま持ち帰りましょう。クーラーボックスに2Lのペットボトル氷1本だけとかブロックアイス1本だけとかでは保冷力が弱くおすすめできません。

塩焼きに飽きたら試して欲しい「焼き物」レシピ:ヒラマサの柚庵焼きしっかり冷やして持ち帰ろう(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

自宅での下処理

ヒラマサは鱗を落とし、エラと内臓を取り、きれいに水洗いしたのち3枚に下ろし、皮を付けたまま焼き魚用の切り身にする。切り身をもう一度さっと水洗いしキッチンペーパーなどで水分を吸わせ、なるべく水っぽさをなくします。

Point:切り身を取る場合、皮側から切るのではなく身側から切ると、皮側の切り口がまっすぐになりやすくきれいな切り身になります。

塩焼きに飽きたら試して欲しい「焼き物」レシピ:ヒラマサの柚庵焼き切り身は身側から切る(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

次のページでいよいよ具体的なレシピを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。