乗っ込み終盤のチヌフカセ釣りで本命3匹 沈め探り釣りで攻略【大阪湾】

乗っ込み終盤のチヌフカセ釣りで本命3匹 沈め探り釣りで攻略【大阪湾】

大阪湾のチヌ乗っ込み終盤戦に、午前中の3時間だけ大阪岸和田港にフカセ釣りへ出かけた。食いは渋かったが本命3匹を仕留めた釣行をリポートする。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター秦厚治朗)

tsurinews編集部関西

×閉じる

海釣り 堤防釣り

フカセチヌ釣りのエサ&仕掛け

自宅から直ぐの岸和田港へ向かう途中、釣具店で集魚材を混ぜ合わせた。生オキアミ1.5kgに底攻めズドン1袋を混ぜ、予備にもう1袋、底攻めズドンを持参。さしエサは加工オキアミLサイズ、コーン、練りエサのめっちゃ喰うトウモロコシを用意した。

乗っ込み終盤のチヌフカセ釣りで本命3匹 沈め探り釣りで攻略【大阪湾】使用した配合材と練りエサ(提供:TSURINEWSライター秦厚治朗)

釣り場に到着して適当に釣り座を構え、仕掛け準備に取り掛かる。竿はエリネス1号5mにリールはBBXデスピナ2500番、ミチイトはセミサスぺンドの1.75号を使用。ウキはMサイズのボクシーB浮力にガン玉B+G5×2、ハリスは1.25号2ヒロ、ハリはチヌバリ2号とし、ハリから3ヒロのところにウキ止めを括った半遊動沈め探りで開始した。

岸和田港でフカセ釣り

当日の潮回りは小潮で、潮位100cmほどからゆっくりと下げていくダランとした潮回り。半遊動の沈め探り釣りなので、仕掛けが馴染みウキがゆっくりと海中に沈んでいくが、少し馴染みが速く感じたのでG5のガン玉を1個外そうかと思案したが、仕掛けを回収すると、さしエサのオキアミにチヌが咥えた痕跡が残っていた。

1投目からのチヌの反応にテンションが上がるも、冷静に考えてみれば、活性が高ければそのままラインごと走る明確なアタリが出るハズだし、やはり前日に大量に降った雨の影響なのだろうか?ただ釣り開始前に底に溜まる重い新製品の集魚材をたっぷりまいていたので、チヌが底に付いているのは間違いないのが希望だ。

仕掛けの微調整で40cmチヌ

ガン玉は外さず、そのまま2投、3投と仕掛けを投入したが、反応がない。やはりG5を1個外し、ハリスの真ん中に別のG5を打ち直し、さしエサをオキアミ+コーンで狙うと、はっきりとアタリが出る!気持ちよく竿を曲げてくれたのは40cm弱のお腹パンパンのチヌだった。「このまま2ケタまで釣れれば幸い」という思いが脳裏をかすめる。

ボラの群れがしばらく居着いていたが、気付けばどこへ消えた。さっきのチヌを釣った後、全くアタリがないので不安が過る。ボラとともに群れも移動したのだろうか?少し深めに仕掛けを入れたり、時々上層を様子うかがいしたりすると、しばらくして横に誘ったときに、追い食いした感覚で竿にダイレクトにドーン!と乗った。かなりの重量感に竿が胴まで絞り込まれたので、態勢を立て直したらハリ外れで帰って来た……残念。

乗っ込み終盤のチヌフカセ釣りで本命3匹 沈め探り釣りで攻略【大阪湾】40cmチヌをキャッチ(提供:TSURINEWSライター秦厚治朗)

微妙なアタリ捉え追釣

ハリを3号にチェンジして暫く打ち返すも、しっくりこないので1号に交換。アタったのかどうか分かりにくいアタリでもう1匹追加。残念だがやはり活性は低いようだ。イメージでは、仕掛に張りを与えずフリーフォールで馴染ませたらさしエサをついばみにくる感覚で、ついばみあまり動いてくれない。底に溜まった集魚材には反応しているようだ。

よく目を凝らして、海中に馴染んでいくウキに少し変化があれば軽くアワせて3匹目追加した時点でまきエサ切れ寸前。予備の集魚材を追加しようかと考えたが、午後からは所用のため、断念してエコまきする。そして、まきエサが底をつき正午過ぎに納竿した。

乗っ込みの後しばらくチヌは口を使ってくれないが、梅雨の時期からボチボチ釣れ始めるので楽しみである。

<秦厚治朗/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
岸和田港

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。