人気急上昇中『アカハタゲーム』のキホン:初めてのロッドの選び方

人気急上昇中『アカハタゲーム』のキホン:初めてのロッドの選び方

人気のアカハタゲームにおいて、ロッド選択に悩むアングラーも多いのではないだろうか。今回はアカハタゲームにおけるロッドの選び方を解説。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アカハタゲームのポイント特性

アカハタゲームでは磯やゴロタ浜での釣りがメインとなる。ポイント毎に特性を整理する。

人気急上昇中『アカハタゲーム』のキホン:初めてのロッドの選び方人気ターゲットのアカハタ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

根の起伏が激しいポイントで、足元から深いポイントではさほど遠投しなくてもアカハタを狙うことができる。根にタイトに攻める釣り方をする必要があるポイントだ。

ゴロタ浜

ゴロタ浜とは大きな岩や岩礁帯が複雑に絡むポイントのことである。磯よりも浅いポイントが多く、遠投して広く探ることが釣果アップに繋がることが多い。磯よりも根掛かりしやすく、いかに根掛かりを起こさずに手返しよく釣りをするかがゴロタ浜攻略のカギとなる。

求められるロッドの性能

アカハタゲームのロッドには、リグ(10~40g程度)の操作性が高いことと、アカハタの強い引きに耐えられるバットパワーが、求められる性能となる。バットにパワーがないとせっかくヒットしたアカハタが根に入り、バラしてしまうことも多い。

人気急上昇中『アカハタゲーム』のキホン:初めてのロッドの選び方操作性とパワーが必要(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

シチュエーションにあったロッドを選ぼう

次にシチュエーション別に適したロッドについて考えてみる。

遠投をする必要なく、足元でもアカハタが釣れるポイントでは、リグの操作性を高めるため7ft後半から8ft前半のロッドでもいい。起伏が激しく根掛かりをかわしたい場面では、10ft前後のロングロッドを使用すると根掛かりをかわしやすくなるためオススメだ。

ゴロタ浜

ゴロタ浜では、10ft前後のロングロッドを使用することが必要だ。ゴロタ浜は磯とは比べ物にならないほど根掛かりを起こしやすい。そのため遠投して竿を立てて高い点から釣りをすることで、根掛かりする可能性を少しでも下げる必要がある。

次のページでベイトタックルとスピニングタックルについて!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。