オフショアジギング&キャスティングでヒラマサ・マダイ・タカバ【山口】

オフショアジギング&キャスティングでヒラマサ・マダイ・タカバ【山口】

山口県下関市安岡漁港から案内中のドリーマーズ・ハイでジギングへ行って来た。トップの春マサにSLJ、タイラバで根魚と多彩な釣果を得た釣行をリポートする。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

春マサキャスティング

4月中旬、春マサ狙いのキャスティングゲームへ出かけた。期待感が高まる中、午前5時30分に3人で出船。ポイントの蓋井島沖までは約30分で到着。朝のうちはトップでヒラマサを狙う。水深は25mほど。底は切り立った瀬も多いようで、所々で波気立っている。

オフショアジギング&キャスティングでヒラマサ・マダイ・タカバ【山口】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

春マサキャスティングは久しぶり。型も期待できるので頑張ってキャストを繰り返すが、1時間近く何の反応もない。

トップで4kgヒラマサ手中

船長がポイント移動を考え始めていた矢先、私のルアーに反応が!さほど派手な出方ではなかったが、一発でフッキングした。サオ先に重みを感じてから追いアワセを入れると猛烈に突っ込む。サオの弾力でタメていると、あまり重量感は感じられない。出方がデカい魚っぽかったので期待したのだが……。

オフショアジギング&キャスティングでヒラマサ・マダイ・タカバ【山口】久々のキャスティングで本命手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

無事ランディングに成功したのは4kgのヒラマサ。ただ久しぶりにトップで、しかも自作のプラグでの釣果だったので喜びもひとしお。

SLJ&タイラバで多彩にゲット

しばらく続けるも反応がないので、SLJ(スーパーライトジギング)のポイントに移動。水深は20~30mだが底はフラットでマダイやレンコ、イサキにも期待がもてるとのこと。

まずは60gのタングステンジグでスタート。底から中層まで魚探には良い反応があるそうだが魚信はない。徐々に風が強くなり、ドテラのため60gではなかなか難しくなってきた。

オフショアジギング&キャスティングでヒラマサ・マダイ・タカバ【山口】良型タカバも姿を見せた(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

その時、トモで釣りをしていた船長にヒット。100gのセミロングジグに食ってきたのは良型タカバ。同船者はタイラバで50cmクラスのマダイもヒットさせた。私もすかさず大きめのジグに変更し、レンコとホウボウを掛けることができた。

次のページで今後の展望を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。