【2021九州】海洋釣り堀のキホン 手ぶら釣行で大型魚に挑戦しよう

【2021九州】海洋釣り堀のキホン 手ぶら釣行で大型魚に挑戦しよう

マダイやブリといったおなじみの魚を釣りの経験がない人に釣らせてあげたいと思うなら、海洋釣り堀が間違いない。攻略の基本を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 編集部)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海上釣り堀

海洋釣り堀概要

観光客向けに重点をおく海洋釣り堀は、マダイやブリなどを養殖しているイケスから直接釣らせる施設もあるが、今回解説する釣り堀は、広めのイケスにマダイやブリ、水揚げされた魚なども放流して自然に近い状態で釣りを楽しませる釣り堀だ。よって状況によっては食い渋りなどもあり、より自然の魚を狙う感覚で楽しめる。

海洋釣り堀タックルとエサ

標準的なウキ(遊動)仕掛けは、図の通り。施設はレンタル釣具を用意しているところもあるので手ぶら釣行も可能だ。なお、持参タックルでの細仕掛けや超ライトタックルだと取り込む時間がかかって周囲の釣り人に迷惑をかけたり、バラシに直結するので気をつけたい。

【2021九州】海洋釣り堀のキホン 手ぶら釣行で大型魚に挑戦しようタックル図(作図:週刊つりニュース西部版 編集部)

つけエサは定番のオキアミ生のほか、練りエサや冷凍キビナゴ、活エビ、小アジ、虫エサなどだが、数種類用意したほうがベスト。当日の反応の良いエサを見つけよう。

海洋釣り堀の釣り方

重要なのは魚が泳いでいる層にウキ下を合わせること。天気、時間帯、当日の活性、潮の干満による水深の変化などによって少しずつ泳いでいる層が変わる。タナをこまめに調整しながら、エサが魚の泳層にあるようにすることが大切だ。

魚がヒットしたら、周囲の釣り人に気をつけてファイトし、確実にタモで取り込む。タモは無料で貸し出し、もしくは設置されているので、事前にある場所を確認して慌てずに取り込もう。

釣り上げた魚は指定された場所(スカリなど)にキープし、勝手に再放流しないこと。持ち帰る魚に関しては施設の料金設定に従って支払う。釣った魚を下処理してくれる有料サービスもあるから、持ち帰ってすぐに調理することも可能だ。

手軽に楽しめる海洋釣り堀だが、新型コロナウイルス対策、足元は滑りにくく動きやすい靴をはき、救命胴衣着用で安全面に気をつけること。日射病や熱射病対策として、帽子着用、日焼け止め、水分もこまめに補給を。

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年5月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。