アジングゲームで良型の「セグロ」春アジ2ケタ釣果に満足【大阪南港】

アジングゲームで良型の「セグロ」春アジ2ケタ釣果に満足【大阪南港】

春アジをとらえた。難しいシーズンに25cmUPを10尾達成。久々の手ごたえある釣りだった。夕マヅメ、たぶんないだろうと思いながら、大阪南港で群れと出会えた。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港でアジング

釣行当日の状況は、次の通りだ。

日時:4月23日 18時~20時
潮回り:中潮 17時ごろ満潮
風:フォローで4m
海水温:14℃前後

こうして書き起こしてみると、結構、条件は揃っている。中潮の下げというのは、わりとだらだら続いてくれるし、一旦入ったアジが大潮のように抜けにくい。とらえきれたのは10尾だが、アタリはすべてモノにした。バイトが深かったのだと思う。

惜しむらくはこれを20尾まで伸ばせなかったことだ。実はこの翌日も定点観測的に釣ってきて、同じ群れを5尾手中。自分でスレさせない限り、しばらく数釣りにも期待できる。

春アジの荒食いパターン

春アジは産卵前の荒食いパターンというものがあり、これはハマると抱卵個体だけあって大きいのだが、外すと「無」となる。「場所ゲー」的要素もあるので、私が釣れたのも偶然通っていたいつものポイントが、回遊ルートになってくれたのだと思う。

ファーストヒットは夕マヅメ。太陽が西に沈んだ頃合、ブルッと触った。怪しい感じがしてとりあえずアワせると、乗った。

アジングゲームで良型の「セグロ」春アジ2ケタ釣果に満足【大阪南港】久々の良型アジ26cm(提供:TSURINEWSライター井上海生)

このサイズになるとドラグを甘く入れているとエラい目に合う。先日、泉北で目に見えた大型を甘々ドラグでバラしてしまったので、この日は反省して少し強めに入れていた。うまくドラグがちょっとスベりながら、理想的な上アゴフッキングが決まっていた。

「セグロ」が登場

口の中をのぞいてみると黒い。いわゆる回遊性の高い「セグロ」の特徴である。

アジングゲームで良型の「セグロ」春アジ2ケタ釣果に満足【大阪南港】回遊性の高い「セグロ」(提供:TSURINEWSライター井上海生)

マヅメにシェイクで数尾追加。今回のようにオープンウォーターに投げるときには、2inch級のワームを面で見せ、フォールも織り交ぜながら、何より魚に見つけてもらうことが先決となる。

そこにいるかどうかもわからない、また群れの密度も読めないときには、1.5g級のヘッドに2inchワームでジャカジャカ動かしていると、活性が多少でもあるアジは反応する。そこから口元に持っていくまで、微調整だ。

本命ツ抜けも模索続く

日没後は、うまいぐあいに私が陣取った釣り場のコーナーから、魚が抜けなかった。活性は多少落ちたが、1.5inch級ワームに0.8gヘッドというベーシックな設定で、アジに口を使わせる。微調整がうまくいって、合計10尾釣れた。

もっと釣れてくれてもよさそうなものだが、何かがピッタリとは合わなかった感じで、確実にそこにいる、密度はともあれ絶対にいるアジの数を伸ばしきれないのは、一応ツ抜けした日でも焦れるものがある。原因は何だろう。私の手数はすべて試したので、あとはワームカラーくらいしか考えられないが……こういう風に、またワームを駄菓子みたいに買っちゃうのだ。ああ。

アジングゲームで良型の「セグロ」春アジ2ケタ釣果に満足【大阪南港】アジ10尾にゲスト(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ちなみに自己最高レベルタイくらいの35cmのタケノコメバルも釣れた。

次のページで釣行の振り返りと今後の展望を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。