タイラバでまさかのマダイ8連発 「クールビズ」スタイルとは?【長崎】

タイラバでまさかのマダイ8連発 「クールビズ」スタイルとは?【長崎】

長崎五島列島への遠征で、ヒラマサのキャスティングトップゲームとジギングの合間にトライした、ひと流しだけのタイラバ爆釣劇をレポート。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

パワーイソメで7連発

すかさず2投目。パワーミニイソメが2本ともなくなっていたので再度装着し投入。2投目もラインが150m出たあたりで着底。1秒1回転のイメージでリールを巻き始める。「この時期はもっと速巻きでも食いますよ」と船長。1秒2回転のイメージにスピードアップ。2投目も残り70mあたりでドンと大きなアタリがきた。

2投目からはヒット後は電動リールで巻き上げ、ややゆるめのドラグと竿の弾力でやり取り。上がったのは約2kgのオスのマダイ。仕掛けをチェックするとパワーイソメもネクタイもなくなっていた。

「ネクタイなしでワームだけでも大丈夫ですよ」船長のアドバイスを受け、試しにネクタイなし。半信半疑だったが、フック2本にそれぞれパワーミニイソメを装着しただけでも、同じパターンで空振りなしで良型マダイ7連発。最大サイズは77cm4.6kg。

タイラバでまさかのマダイ8連発 「クールビズ」スタイルとは?【長崎】著者の最大は77cm(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

アタリが遠かった同行者もネクタイなしのダブルイソメスタイルにしたとたんにヒットし、良型マダイを釣り上げた。筆者と同行者でマダイ8匹を釣り上げ束の間のタイラバゲームを切り上げた。

タイラバでまさかのマダイ8連発 「クールビズ」スタイルとは?【長崎】釣友もダブルイソメスタイルで1匹(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

次のページで爆釣劇のキモを考察

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。