タイラバでまさかのマダイ8連発 「クールビズ」スタイルとは?【長崎】

タイラバでまさかのマダイ8連発 「クールビズ」スタイルとは?【長崎】

長崎五島列島への遠征で、ヒラマサのキャスティングトップゲームとジギングの合間にトライした、ひと流しだけのタイラバ爆釣劇をレポート。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

連発劇のキモ

ヒラマサキャスティングの合間に行ったタイラバゲームではあったが、想定外の連発。要因をまとめてみよう。

クールビズスタイル

ダブルパワーミニイソメが効果絶大。ネクタイなしなのでクールビズスタイルがドンハマりした。

タイラバでまさかのマダイ8連発 「クールビズ」スタイルとは?【長崎】クールビズスタイルのタイラバ(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

トレース角度が的中

水深の倍くらいラインが出ることで、巻き上げ時に海底付近を長時間トレースしてくることになり、ヒットチャンスが増えたと考えられる。

ヘッドの重さ

タイラバヘッドは超重量級。今回は150gだったが200gでも問題なさそう。

小型フック

フックは鋭く突き刺さる小型フック。今回大ダイが掛かった時にフックが伸びかかっていたので、もう少し太めのフックがいいかもしれない。

<宮崎ゆきお/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
MANA
出船場所:水之浦港

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。