今さら聞けない「バスフィッシング」の基本:フィールド毎の特徴と攻略法

今さら聞けない「バスフィッシング」の基本:フィールド毎の特徴と攻略法

ブラックバスはその人気ゆえに釣ることが年々難しくなってきており、フィールド毎の攻略法を知っていないと全く釣れないこともある。今回はフィールド毎の攻略法を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター古川竜也)

古川竜也

渓流釣りからロックショアまで、様々な釣りをしています。時期に合った旬な釣り情報をお届けします。

×閉じる

ルアー&フライ ブラックバス

大規模フィールド

大規模フィールドに該当するのは湖や大河川。これらのフィールドはシャローとディープ、スーパーディープがあり、狙いどころが多いのが特徴である。これらのフィールドはバスの居場所を掴むことが難しい。その反面バスはフレッシュな個体が多く、タイミング次第では爆釣になることもある。

そのため、使用するルアーは巻物やビッグベイトなどがいいだろう。特にスピナーベイトやバイブレーション、ビッグベイトなどはアピールが強く、広範囲からバスを呼ぶことができるためオススメである。つまりテンポのいいルアーでバスの目の前にルアーを通す確率を上げることが重要だ。

今さら聞けない「バスフィッシング」の基本:フィールド毎の特徴と攻略法狙いどころの多い大規模フィールド(提供:TSURINEWSライター古川竜也)

反応がなければほかの攻め方も

以上、フィールド毎の攻略法を紹介した。基本的にはこの考え方でいいが、場合によっては大規模フィールドでも小規模フィールドの攻め方が有効な場面もある。そのため、いつもの攻め方で反応がない時には他のパターンも積極的に使っていくといい結果が得られると思う。ぜひ一度近くのフィールドへ足を運んで試してみてほしい。

<古川竜也/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。