今さら聞けない『シーバスゲーム』のキホン:スピニングリールの選び方

今さら聞けない『シーバスゲーム』のキホン:スピニングリールの選び方

ルアーゲームでもかなり人気の高いシーバスゲーム。今回はそのシーバスゲーム用スピニングリールの選び方を解説していきます。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

ソルトルアー ショア

マルスズキとヒラスズキ

ひと口ににシーバスといっても、日本では大まかにわけると2種類のシーバスを狙うことができます。

マルスズキ

今さら聞けない『シーバスゲーム』のキホン:スピニングリールの選び方一般的なスズキはマルスズキ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

ポピュラーな方のシーバスです。一般的にシーバスと言えばコチラを指します。漁港や河川、運河などエサが居るなら結構どこにでも居る魚です。最大では1mを超える個体もおり、身近で狙えるビッグターゲットです。

ヒラスズキ

今さら聞けない『シーバスゲーム』のキホン:スピニングリールの選び方あまり身近ではないヒラスズキ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

マルスズキと比べ体高があり、引きも強烈。磯場が生活圏で、雨後や荒れている日は河川などにも入ってくることがあります。こちらも最大では1mを超える個体がいますが、多くの釣り人にとってはあまり身近な魚ではありません。

ヒラスズキ釣りは少し特殊な釣りでもありますので、今回は身近なマルスズキ狙いのリールをご紹介していきます。

ボディは4000サイズ

今さら聞けない『シーバスゲーム』のキホン:スピニングリールの選び方青物も視野に入れて4000番がオススメ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

シーバス狙いで選ばれるリールサイズは概ね2500~4000番サイズです。近年のリールは安価なものでもかなり軽量化が図られており、4000番サイズでもリールの自重が250g以下のものが手に入るようになってきています。

ここで僕が推すのは4000番です。その理由は汎用性です。シーバスタックルをそのまま流用して行える釣りではライトショアジギングが挙げられます。小型青物を狙うので、できればイト巻き量とパワーが欲しいためです。

シーバス専用機でいいならば、軽く、取り回しもいいので3000番クラスがいいでしょう。

ハイギア?ローギア?

今さら聞けない『シーバスゲーム』のキホン:スピニングリールの選び方ギアはハイギアがオススメ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

ボディサイズの次に迷うのがギア比。大体3000番クラスのローギアだとハンドル一回転の巻き量が70cm程度に対し、ハイギアだと90cmくらいになります。ハンドル一回転で20cm程の差があります。

これはかなり意見がわかれる部分ですが、個人的にはハイギアリールがオススメ。これも理由は汎用性です。デイゲームでのシーバス狙いやライトショアジギングで使う場合はどうしてもルアーに速い動きが要求されるケースが多く、巻きが遅いと見切られてしまうこともあります。

また、ルアーの回収も早いので手返しがよくなります。ナイトゲームでは基本的にスローなアクションでいいのでローギアの方がやりやすいですが、色々な局面での対応力を考えるとハイギアがオススメ。

次のページで「頑丈さ」はなんのため?

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。