リバーシーバスゲームで50cm本命 自作ミノーでキャッチ【熊本】

リバーシーバスゲームで50cm本命 自作ミノーでキャッチ【熊本】

大潮の上げと夕マヅメが重なるタイミングで、緑川と加勢川の合流点にある六間堰南岸にシーバスを狙って釣行した。当日は自作のミノーで、見事に本命をキャッチできたのでレポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

自作ミノーでシーバス50cm

サオ先を上げ、自作9cmフローティングミノーの発するわずかな振動を感じながら、ゆっくりゆっくりとリールのハンドルを回す。まだシーバスの活性は低めだ。弱った稚アユから先に食おうとするだろう。

7時30分、ついに「むぐっ!」という押さえ込むようなアタリにサオが締め込まれる。そのまま巻きアワセを入れて取り込みに掛かる。ドラグが出るほどのサイズではなかった。

しかし、海で体力をつけてきたであろうシーバスは、浅瀬を右へ左へと走り回り、ザブザブとエラ洗いをして見せた。テンションが急変しないよう注意しながら岸へ導き、砂州に引きずり上げる。サイズは50cm、料理するにはちょうどいいサイズである。

リバーシーバスゲームで50cm本命 自作ミノーでキャッチ【熊本】自作ミノーに50cmシーバス(提供:週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二)

丸々と太った銀ピカの魚体は、最高の食材になるだろう。まだ釣れそうだったが、その日は早々に引き上げ、家で魚を料理することにした。

緑川のシーバスは、例年3月いっぱいぐらいまで50cmクラスが釣れ続き、4月半ばからランカーサイズが入ってくるハイシーズンを迎える。これからがますます楽しみだ。

<週刊つりニュース西部版APC・吉永慎二/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
熊本市・六間堰
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年4月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。