春の乗っ込みマブナ好釣り場:ザコ川 ハマれば入れ食いも【茨城】

春の乗っ込みマブナ好釣り場:ザコ川 ハマれば入れ食いも【茨城】

紹介する茨城県稲敷市を流れるザコ川は、洲の野原~トッツァン新堀に繋がる流長約3kmの農業用水路。全域に渡ってヤッカラが生い茂り雰囲気は抜群で、独特の趣を感じる。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

乗っ込み場「ザコ川」

例年3月の彼岸すぎにジャコ水門(機場)が開かれると、洲の野原から大量の魚が突っ掛けてくる。数はもちろん、40cmを超える大型マブナが狙え、佐原向地を代表する乗っ込み場として有名な「ザコ川」。以前はヘラブナが放流され賑わったが、近年は春の乗っ込み時に釣り人が集まる程度。しかしながら魚影は濃く、ハマるとマブナの入れ食いが楽しめる。

ヤッカラが生い茂るので足場が少ないことが難点。しかし、草刈り鎌と長靴さえ持参すれば、マイポイントで楽しめる利点もある。このようなアドベンチャーなスタイルも、同川の魅力と言えよう。

春の乗っ込みマブナ好釣り場:ザコ川 ハマれば入れ食いも【茨城】ザコ川周辺略図(作図:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

乗っ込みポイント

ボサを刈ればどこでもポイントと言えるが、ここではボサが刈られている場所、釣り座がある場所をピックアップする。

ジャコ水門(機場)

ジャコワンドも狙い目(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

周辺は、ボサが少なく竿を出しやすい。しかし、バス狙いの人が目立つせいか魚影は薄く、実績が乏しい。むしろ水門(機場)の外向きのジャコワンドで、乗っ込み直前の「待機組」を狙いたい。水深約1.5mで、竿は12~15尺。

高圧線

春の乗っ込みマブナ好釣り場:ザコ川 ハマれば入れ食いも【茨城】釣り座がある高圧線付近(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

どこの釣り場でも高圧線付近は好ポイント。激しい電力に魚が引きつけられるとの説もある。水深70cm~1mで、竿は8~15尺。

ソーラーパネル前

春の乗っ込みマブナ好釣り場:ザコ川 ハマれば入れ食いも【茨城】ソーラーパネル前(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

近年人気のポイントで、釣り座が多数ある。また、水門前は護岸化されており、釣り人が絶えない一級ポイント。水深80cm~1m強。竿は7~12尺。

中流部・名称不明の小さな橋

春の乗っ込みマブナ好釣り場:ザコ川 ハマれば入れ食いも【茨城】ボサが開けている中流部の小さな橋(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

橋周辺はボサが開けていて、狙いやすい好ポイント。水深70cm~1m。竿は7~14尺。

下流部

春の乗っ込みマブナ好釣り場:ザコ川 ハマれば入れ食いも【茨城】トッツァン新堀に繋がる水門(提供:週刊へらニュースAPC・中村直樹)

トッツァン新堀に繋がる水門付近に釣り座が点在する。通水直後は魚がここまで上らないらしく、乗っ込み後半~夏場にかけてが狙いめ。水深70cm~1m。竿は8~12尺。

次のページで乗っ込み期の釣り方を解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。