磯からの「ブッ込み」釣りで良型ハタ類キャッチ 遠投が奏功【鹿児島】

磯からの「ブッ込み」釣りで良型ハタ類キャッチ 遠投が奏功【鹿児島】

鹿児島県上甑島・里の磯で、アカハタやオオモンハタなどの根魚が動き始めた。まだ数は少ないが、深場を探れば何とかなる。3月6日に釣行したときの様子をリポートする。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

ブッ込み釣りで根魚狙い

里の根魚は例年4月ごろから見え始め、6月に本番を迎える。キビナゴなどをエサにしたブッ込み釣りで狙うのが一般的な釣り方だ。

磯からの「ブッ込み」釣りで良型ハタ類キャッチ 遠投が奏功【鹿児島】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

午前5時すぎ、獅子の口の地磯に渡った。エサ取りの動きを見ながら、赤貝でイシダイを狙い、キビナゴで根魚を釣る計画を立てた。用意したハリは袋から取り出せばすぐに使える石鯛ワイヤーで、まずは赤貝をエサに10m前後のタナから探りを入れた。

キビナゴ遠投に作戦変更

タナを少しずつ変えながら探ること15分、まったく反応がない。すぐにエサをキビナゴに替えるが、これも振るわない。そこでキビナゴを付けたまま遠投を試してみることに。フルキャスト後はカウンターで30mと未知の領域だ。

リールを少しずつ巻きながらゆっくりと誘うと、25mほどで小さいアタリがでた。間髪を入れずにアワセを入れたものの、空振りに終わった。

40cm級アカハタ登場

再び遠投して深場を探ると、また小さなアタリがあり、少しおいてみるとググーッと走った。今度はしっかりハリ掛かりしたようで確かな手応えを感じる。リールを力強く巻き強引に寄せたのは40cm近いアカハタだった。

その後も同じタナで同型のオオモンハタを追加。さらに30cm前後のオジサンを2尾釣ったところで11時すぎに納竿した。

磯からの「ブッ込み」釣りで良型ハタ類キャッチ 遠投が奏功【鹿児島】良型ハタ手中に満足(作図:週刊つりニュース西部版APC・松田正記)

今回はイシダイこそ不発だったが、4尾の根魚を確保できた。まだ根魚は深場にいるが、日増しに浅場に寄ってくる。

<週刊つりニュース西部版APC・松田正記/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
藤丸
出船場所:里
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年4月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。