トンジギで20kgビンチョウマグロ 全員安打も達成【エヌテックマリン】

トンジギで20kgビンチョウマグロ 全員安打も達成【エヌテックマリン】

三重県南部は2月前半から、ビンチョウマグロを狙うジギングが絶好調だ。今回は数釣りだけでなく、モンスターサイズが期待できる尾鷲沖に初挑戦してきたのでレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

尾鷲沖でトンジギ

三重県南部のビンチョウマグロジギング=トンボジギング(トンジギ)は、10kg前後の数釣りが楽しめるシーズンとなってきている。今回は数釣りだけでなく、まだまだモンスターサイズが期待できる尾鷲沖に初挑戦だ。

3月4日の早朝から、三重県・紀北町の引本浦港から出船するエヌテックマリンに釣友3人と乗船した。高鳴る期待に胸躍らせ沖へと出船。先日も短時間で5匹の釣果と近況も悪くない。

しかし、こんなときに限って自然相手の釣りは難しいものである。低気圧の接近に伴ってウネリは高く、しかも大雨のオマケつき。釣果に大きく左右する水温も黒潮が熊野灘から離れた影響か、好調時より1度も低下している。船長は安全を考慮し、早上がりもあるとのことを私たちに伝え、水温計の変化に注視する。

当日のタックル

そして、出船より1時間。周囲より水温が高いポイントを探し当ててくれたようだ。早速メタルジグの300gを海中へと投入。カラーはシルバー系。アクションはロッドをゆっくりと跳ね上げ、メタルジグが横滑りしていることをしっかり感じ、マグロに食わせの間を与えることを意識する。

トンジギで20kgビンチョウマグロ 全員安打も達成【エヌテックマリン】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

開始早々4人同時にヒット

すると開始早々、ドラマは始まった。ガツンッと私のロッドに衝撃が伝わり、マグロ特有の重量感が体全体へと伝わった。

すると、同乗している3人にもマグロがヒット。船上は4人が同時にロッドを曲げるお祭り騒ぎに突入。2人の釣友は慣れたファイトでマグロの引きを楽しみ、釣りガールの萩原さんも初キャッチを目指し、根性でリールを巻き続ける。そして、次々と真ん丸に肥えたビンチョウマグロが船上へと上がってきた。無事、萩原さんもキャッチ。

トンジギで20kgビンチョウマグロ 全員安打も達成【エヌテックマリン】萩原さんに初ビンチョウ(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

自己新記録の20kgサイズ手中

残るは私だけになった。すでに私の上腕二頭筋はプルプル。巻いては出されを繰り返し、そのダッシュ力は、一気に30m以上もラインを引き出していく。間違いなく大物だ。そして、残された力を振り絞り、上がってきたのは、タネトンサイズと呼ばれる大型の20kg。うれしい自己新記録となった。

トンジギで20kgビンチョウマグロ 全員安打も達成【エヌテックマリン】筆者にヒットした20kgのタネトン(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

次のページで最終釣果と今後の展望を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。