『陸っぱりライトゲーム』ステップアップ解説:「ワーム」応用術

『陸っぱりライトゲーム』ステップアップ解説:「ワーム」応用術

ライトゲームではワームが最優先の選択肢だ。ワームについては、詳しい部分もよく知っておきたい。そこで今回は、ワームに関するマニアックなところまで踏み込んで解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ニオイつきワーム

集魚効果抜群。サーチベイト的にも、数釣りにも使える、ライトゲーム界でよく用いられるのが、ニオイつきワームである。視覚だけでなく、嗅覚にも訴えるこの手のワーム、実は歴史は長い。

そもそもバス界から味つき・風味つきワームというものはあり、それがコンパクト化されて、最初はソルトのエサ用のイロモノ的にきた。定番、有名な「パワーイソメ」という製品で筆者は日中にタコを釣ったこともある。

最近ではこの派生でニオイつきの、ワームの形状などもきれいにデザインされた製品がいくつも出ている。ニンニク系、イカ系、イソメ系など様々だ。

『陸っぱりライトゲーム』ステップアップ解説:「ワーム」応用術ニオイつきワーム+顔つきジグヘッドでアピール(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ニオイつきワームは、最優先的に打つアングラーもいるだろう。とりあえず1匹、を狙うなら話が早い。特に欠点も見当たらないので、ニオイつきワームですべてのサイズ・カラーのワームを揃えてしまうのも手だ。

またデイゲームや、ナイトゲームのオープンウォーター打ちにもなんといっても強い。魚がいるのか曖昧な、索漠とした海中で「ニオイ」というバイトポイントを作ってくれる。

ソルト入りワーム

ワームに塩が混じった高比重の製品もある。バスワームに特に多い。これをソルトに持ってくるアドバンテージは非常に大きい。比重で飛距離が稼げる。またファストフォールが効きやすく、高活性のアジや、チヌなどを相手にするときにも重宝する。

概してバスワームというのはバルキーで、水中をかきまわす波動も大きい。そういう意味では、やはり魚の居場所が特定しにくいオープンウォーター打ちで強い。波動につられて高活性の魚が集まってくる。使用方法としては、リトリーブ(巻き)が良いだろう。

ワーム2個付け

ワームを2個つけることで、ハイアピールにする。これもちょっと凝った使い方としてアリである。特定のワームでショートバイトしか出ない場合や、さっきまでアタっていたワームでアタリが遠のいてしまった場合、2個付けにすると、バイトすることがよくある。

『陸っぱりライトゲーム』ステップアップ解説:「ワーム」応用術最初から2個付けデザインのワームも(提供:TSURINEWSライター井上海生)

2個付けはピンテール、シャッドテール共に、ワームの形状を問わず有効な手段だ。ただ私は個人的にシャッドテールでよくやる。それも「色違い」の組み合わせで使用する。とにかく何か変化をつけて魚を誘いたいときには、あまり試しているアングラーはいないだろうが、ぜひ2個付けを試してみてほしい。

次のページで「ちょん掛け」を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。