解禁初日トラウトゲームで68cmニジマス ボートフライで手中【芦ノ湖】

解禁初日トラウトゲームで68cmニジマス ボートフライで手中【芦ノ湖】

3月1日、神奈川県箱根町の芦ノ湖でトラウトゲームが開幕。70cm超えニジマス&ブラウンもあがった、開幕初日のトラウトゲームをレポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ フライフィッシング

芦ノ湖のトラウトゲーム開幕

今年はルアーフライ限定の特別解禁釣大会は、コロナ禍の影響で開催が危ぶまれたが、前夜祭や表彰式が取り止めになった以外は予定通り実施された。また、遊漁券の前売り販売が行われなかったため、4時開始の受付に並び購入した。

元箱根のボート店へ。出艇前に車内で休憩していると、常連の顔がチラホラ。ここでの釣り談議が釣果に大きく影響する。ボート店店主や常連とのコミュニケーションは大事だ。

トラウト狙いであっても、バスやワカサギの釣果を知っているのとそうでないのとでは、大きな違いだ。

解禁初日トラウトゲームで68cmニジマス ボートフライで手中【芦ノ湖】芦ノ湖略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

当日の状況

ローボートを借り、6時10分に出艇。吉原窪の奥へ向かい開始の合図を待つ。

朝の気温は4.5度、くもりで微風。水温8度で濁りなし。水量は満水比1m減の大減水。

解禁初日トラウトゲームで68cmニジマス ボートフライで手中【芦ノ湖】元箱根の吉原窪は大減水(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

当日のタックル

6時半、エアホーンの音と同時に開始。約10分で、目視できる距離まで魚がフライを追ってきて50cm超えがパクリ。アワせたが、痛恨のすっぽ抜け。

さらに15分後、60cm級ニジマスがチェイス。フライを吸い込んだのを確認してアワせたが、これもハリ掛かりせず、2連続すっぽ抜け。

解禁初日トラウトゲームで68cmニジマス ボートフライで手中【芦ノ湖】当日のタックル例(作図:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

68cmニジマスをキャッチ

その後、ようやく今期第1号がヒット。30cm級だがホッとする瞬間。

周囲ではルアーで狙うアングラーに50cm超えがヒット。大型がワンドの奥に入っていることが確認できたので、フライをローテーションしてキャストを繰り返す。

7時半、待望のアタリ。重みはなくクネクネと体をよじる感覚のみが手元に伝わる。間合いを詰め、ボート脇で暴れられたが、すんなりとネットに収まったのは、体高のある奇麗な68cm。

解禁初日トラウトゲームで68cmニジマス ボートフライで手中【芦ノ湖】当日最大68cmニジマスをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

スイッチはいると大型連釣

その後は、〝グン、フワッ〟といったアタリが続く。小型のマスがフライの尻尾だけをくわえているようで、なかなかハリ掛かりしない。しかし、30cm級や40cmオーバーが交互に釣れる。

この日は、アタリは多いが、なかなかハリ掛かりしないようだ。しかし、ひとたびスイッチが入れば、大型が釣れ続くこともあるので気は抜けない。

例年と魚の動きが明らかにちがうようで、魚が浅場に入っても、留まるのは5分程度と極端に短い。目視できるところまでフライを追ってくるが、口を使わない。そんな状況が続き、終了合図のエアホーンが鳴り、納竿。

次のページでは釣果と大会結果を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。