沖のコマセ五目釣り豊漁 速潮時の「1旋回1投入」攻略法は?【秀吉丸】

沖のコマセ五目釣り豊漁 速潮時の「1旋回1投入」攻略法は?【秀吉丸】

葉山鐙摺港の秀吉丸では、凪の日限定で沖のコマセ五目に出船している。今回は3月5日の釣行レポートと、速潮時の「1旋回1投入」の攻略法3選を紹介したい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター古谷健太)

古谷健太

東京湾、相模湾での船釣りを中心に何でもやる雑食系です。楽しんでもらえる情報をお伝えできるよう頑張ります。

×閉じる

船釣り エサ釣り

秀吉丸「沖のコマセ五目」釣り

葉山鐙摺港の秀吉丸では、凪の日限定で沖のコマセ五目に出船している。オキアミコマセで、つけエサもオキアミを使用して行うものであるが、その魅力は豊富なターゲットにある。

今の時期はイサキがメインターゲットとなる。イサキといえば梅雨のイメージがあるが、この季節の寒イサキも型がよく脂乗りもなかなかである。他にもマダイ、キダイ、チカメキントキ、沖メバル、カイワリと数多くの魚たちが釣果を盛り上げてくれる。

沖のコマセ五目釣り豊漁 速潮時の「1旋回1投入」攻略法は?【秀吉丸】多彩な魚種が釣れるのが魅力(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

凪限定の出船であるため、当日の風の状況次第ではアマダイやマダイ狙いに切りかわることがある。仕掛けは忘れずに用意しておこう。

当日の状況

私が訪れたのは3月5日。当日は曇天でたまにポツポツと雨が降る感じであったが、風はなく朝から沖のポイントに直行できる状況であった。

沖のコマセ五目釣り豊漁 速潮時の「1旋回1投入」攻略法は?【秀吉丸】当日の海況と私の釣り座(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

私が用意した仕掛けは、イサキ狙いをイメージしてハリス1.5~2号くらいの3m3本バリ仕掛け。あとはアマダイ用の仕掛けもいくつか用意していた。

ポイント着から実釣開始、狙うタナは水深80mくらいであるが、潮が高速で流れているとの船長からのアナウンスがあり、全員揃っての1旋回1投入、一斉投入で遅れたら一回休みの指示が飛んだ。船長からのアナウンスではかなり濃い魚影があるとのことなので、投入回数=釣果に直結することは明らかであった。

しかし、高速の潮であるため、ある程度のオマツリは避けられないし、次の投入の間に手前マツリしても休みが余儀なくされてしまう。仕掛けの消耗戦が予想された。

イサキ中心でゲスト多数

さて、釣りが始まって1投目からイサキの多点掛けがポツポツ見受けられた。船長からも多点狙いの追い食いを待つよう的確な指示が飛ぶ。そんな中、私はヒメのダブル、トリプルを連発するという望まぬスタートを切ってしまった。

沖のコマセ五目釣り豊漁 速潮時の「1旋回1投入」攻略法は?【秀吉丸】メインターゲットのイサキ(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

しかし流しかえる度にイサキ、ウマヅラ、キダイ、沖メバルと五目釣りの名に相応しく、様々な魚種が上がってきた。他の方にはチカメキントキやマダイも釣れており、魚種の豊富さと魚影の濃さがうかがえた。

沖のコマセ五目釣り豊漁 速潮時の「1旋回1投入」攻略法は?【秀吉丸】ウマヅラも交じった(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

後半はカイワリ狙い

沖上がりまで残り1時間くらいとなったタイミングで、船長からカイワリ狙いに向かうとのアナウンスがあった。仕掛けをアマダイの物に変更し、船長からのアナウンスの通り海底から仕掛け分巻き上げたタナで誘いを入れて、短時間勝負であったが何とか本命カイワリもゲットできた。

沖のコマセ五目釣り豊漁 速潮時の「1旋回1投入」攻略法は?【秀吉丸】本命のカイワリをゲット(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

ちなみにこのカイワリ狙いの時間帯には、船中で良型のオニカサゴやアカボラなども上がっていたようだ。

最終釣果

私の最終釣果はイサキ11匹、カイワリ1匹、ウマヅラハギ1匹、キダイ2匹、沖メバル1匹と五目達成、あとは数えていないがヒメがたくさん(全てリリース)であった。

沖のコマセ五目釣り豊漁 速潮時の「1旋回1投入」攻略法は?【秀吉丸】当日の釣果(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

次のページで「1旋回1投入」攻略法を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。