今さら聞けない陸っぱりライトゲームのキホン:ワームの種類&選び方

今さら聞けない陸っぱりライトゲームのキホン:ワームの種類&選び方

ライトゲームではワームを優先的に使用する。そのワームの基礎知識について今回は確認しよう。用語面の解説も兼ねて、使うべきシチュエーションなどにも触れたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ワームのカラー

ワームのカラーには、大別して、次の二つがある。

クリア系

ワームの向こうが透けて見えるカラーのことをクリア系と呼ぶ。これは色として透明なものに限らず、赤っぽいものでも黄色っぽいものでも、向こうが透けて見えればクリア系といえる。ライトゲームではひとまず無難なカラーで、反応もよく、多投してもスレにくい。

ソリッド系

ワームの向こうが透けて見えないカラーをソリッド系と呼ぶ。魚にワームを見つけてほしいときや、高活性の魚に対して使う。ソリッド系はアピールが強い。シルエットがかなりはっきり出てしまうので、多投すると、疑似餌と見切られる。ピンポイント的に使いたい。

今さら聞けない陸っぱりライトゲームのキホン:ワームの種類&選び方ソリッド系はピンポイントで(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ラメ、特殊な色について

その他、カラーについて付言すべきことを述べる。

ラメ

多くのワームにはラメが入っている。このラメの色が微妙に魚の色覚を刺激するのか、夕マヅメは赤ラメがいいなどの説がある。このあたりは釣り人のこだわりが出る部分ではある。

チャート系

主に蛍光色の派手な色。多くはピンク、白、黄色で、強アピールで魚を誘う。

グロー系

蓄光して淡く光るタイプ。微妙に光を放って存在感を示す。ナイトゲームには必須だ。

ワーム選択を楽しもう

ライトゲームで何が楽しいといって、ワームがハマったときだ。その場に合うベストなワームを選び、数が釣れると喜びが大きい。そのために基本的な知識を備え、魚との距離を縮めよう。

ざっくり言ってしまうと、「1.5inch級でクリアラメ系がいい」と断じてしまってはつまらない。その奥にある、その場の特性や魚の機嫌に合うワームを選びたい。

<井上海生/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。