伊藤さとしのプライムフィッシング【早春のチョウチンセット:第3回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【早春のチョウチンセット:第3回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「早春のチョウチンセット」。今回はバラケの必須エサ・セット専用バラケについて考察してみよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

セット専用バラケの特徴

タナがどうであれセット釣りですからバラケの重要度は高く、もはやさまざまなブレンドパターンが確立されています。なかでも使用率が高めなのが、麸系エサであればセット専用バラケだと思うのですが。

伊藤 さとし

「それは言える。むしろブレンドされていないことのほうが珍しいくらいだよね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【早春のチョウチンセット:第3回】バラケに必須のエサ(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

それだけ使いやすいということですか?

伊藤 さとし

「何をもって使いやすいとするかだよね。それにはバラケに必要な役割を理解すれば、自ずと答えが出るんじゃない?」

 

極論するなら魚を寄せる、魚を(食わせに)誘導するの2点ではないでしょうか?

伊藤 さとし

「セット音痴の記者さんでも少しは分かってきたようだね(笑)」

 

はい。だてに長く取材記者をやっているわけではありませんから。

伊藤 さとし

「魚を寄せるとはつまり集魚力だよね」

 

それを細分化するなら集魚材とバラケ性ということになりますか?

伊藤 さとし

「そうだね。でもバラケさせるだけでいいかと言えばそうではない。それが魚を食わせに誘導するってことにつながる」

 

なるほど。

伊藤 さとし

「それをやりやすくするために開発されたのがセット専用バラケなんだよね」

 

コントロールしやすくなる

具体的にはどうやりやすくなったのですか?

伊藤 さとし

「おもには抜きかな。バラケを意図するところで抜く。でもそういうエサってハリ付けの難易度が高い。それを補ってくれるとイメージしてもらえればいいかな」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【早春のチョウチンセット:第3回】加須吉沼自慢の良型が次々ヒット(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

確かに抜くだけであれば、バラケ性の高いエサをハリ付け時に圧を弱めればいい。でもそれではタナまで持たなかったり振り込み時にすっぽ抜けたりしますね。

伊藤 さとし

「チョウチン釣りだからすっぽ抜けはしづらいとは思うけど、大方はそんなところだろうね。つまり振り込みができて、しかも圧のコントロール次第でタナまで持たせられる。そしてここからが重要なんだけど、持たせたバラケを意図する位置(タナ)や時間で抜きやすくできる」

 

つまり水の中に入ったバラケをどうするのか、どうしたいのかがコントロールしやすくなるエサと解釈すればよろしいですか?

伊藤 さとし

「そういうこと。比重があるからチョウチン釣りにも向いているしね」

 

重くてバラけるエサ

性質表を見ると確かに重いエサですね?

伊藤さとしのプライムフィッシング【早春のチョウチンセット:第3回】性質表(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)
伊藤 さとし

「ランクで言うと段底よりも若干だけど重めなくらいだからね」

 

エサ袋を持った感じもズッシリ感じます。

伊藤 さとし

「でしょう。でもバラけるエサって面白いもので、軽いエサを重く使うことは意外に簡単なんだけど、重いエサを軽くして使うのは難しい」

 

それにはバラケ性が必須なのですね。

伊藤 さとし

「そういうこと。だからネバリが出てしまったエサの調整用としても使えるくらいなんだよ」

 

なるほど。であれば底釣りのダンゴエサにも使えそうですね。

伊藤 さとし

「両ダンゴの底かぁ。そういう発想はなかったけど、使ってみても面白いかもしれないね」

 

次回も「早春のチョウチンセット」です。

【早春のチョウチンセット:第1回】を読む。

【早春のチョウチンセット:第2回】を読む。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
加須吉沼
TEL:0480(61)0899
この記事は『週刊へらニュース』2021年3月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。