伊藤さとしのプライムフィッシング【早春のチョウチンセット:第1回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【早春のチョウチンセット:第1回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「早春のチョウチンセット」。目まぐるしく乱高下する気温・天候が特徴の早春は、竿の長さでタナをかえられるチョウチンがうってつけだ。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

加須吉沼で実釣

テーマ初回は埼玉県加須市にある週刊へらニュース協定・加須吉沼での実釣編をお届け。2月22日(月)、もみじ桟橋中央付近の北桟橋向きに入釣、まずは竿17尺の段底で開始。

伊藤さとしのプライムフィッシング【早春のチョウチンセット:第1回】加須吉沼概況(作図:週刊へらニュース 伊藤さとし)

「ここ最近は底釣り全般が不調」と同池オーナーの及川氏から聞いていたが、とりあえずチャレンジしてみることにした伊藤。ところが2時間打って、触りはほとんどなし。ウキが動かなくては解説できないので、竿10.5尺のチョウチンウドンセットに釣り方も今回の”テーマ”も変更することにした。

もっともウキが動くのがチョウチンとの情報だったので、すぐに釣れだすかと思ったが、そうはたやすくないようだ。下ハリスを伸ばしたり下バリの号数を落とすなど、あらゆる選択肢を試すも好転しない。アタらないところをみると、タナが違うのだろうか。

伊藤 さとし

「セッティングを極限まで食い渋り対応にしたけど、タナが違うのかもしれないね。12尺竿でやってみるよ」

 

1.5尺の変更ですぐアタリ

釣り方は同じで、竿だけを変更。食わせはもっとも軽く仕上がる『感嘆』。下ハリスは70cm、下バリはタクマ1号。タックルとエサは下図。

伊藤さとしのプライムフィッシング【早春のチョウチンセット:第1回】タックル図(作図:週刊へらニュース 伊藤さとし)

わずか1.5尺の竿変更で何が変わるのかと感じていたが、伊藤の読みはズバリ的中。再開1投目から触って、バラケが抜けた直後のツンで初ヒット。しかも魚がデカい。

伊藤 さとし

「この魚じゃあ、なかなか食ってこないのも理解できるね。時間はかかったけど、これでどうにか取材はできそうだね」

 

タナの見極めが難しい3月

伊藤のウキはグラスムクトップで、エサ落ち目盛は食わせを付けた状態で1節半出し。いわゆる抜きセットだが、何も水面直下からバラケを抜いてはいない。沈没してもいいから一度はトップをナジませて、そこから数回の誘いをかけてトップを水面上に出す。触りがあればそのまま待ち、触りがなければタテ誘い。アタればヨシだし、動かなければ数回の誘いをメドに打ち返す。

これだとさらに深いタナなら、もっとアタリは増えませんか?

伊藤 さとし

「何とも言えないけど、今のままで不足はないから変えるつもりはないかな。春だからウキをもっと動かせるのではと思うだろうけど、大方失敗するケースが多いよね。それに、もしタナを深くしてアタるなら段底でもアタっただろうし。それがないのだから、より深いタナはリスキーに感じる。むしろ日当たりがよくて暖かいから、短竿のほうが面白くなるかもしれないよ」

 

“春は浅場を釣れ”って話ですか?

伊藤 さとし

「それはおもに底釣りでしょう、それも極端な浅場ね。でもそれには時期尚早だよ。3月は上旬と下旬で釣り方がまるで違ってくるから、一年で最も難しい時期なんだ。つまりタナの見きわめも難しい」

 

試行錯誤で20枚ゲット

話を実釣に戻そう。アタリが出始めてからの12尺ダナでウキはほぼ動きっきりだが、なぜかヒット率があまりよくない。

伊藤さとしのプライムフィッシング【早春のチョウチンセット:第1回】使用したバラケ(提供:週刊へらニュース 伊藤さとし)

そこで伊藤は、ここからは逆の対応をとった。下ハリスを短くして、下バリもタクマ1号から同2号にチェンジ。必要なら『感嘆』だけではなく『力玉大粒』も使用して、どれがもっとも効率のいい組み合わせかを探っていく。

正午までに20枚をカウント。この時期にこれだけ釣れれば、魚の大きさを考慮するなら悪くはない数字だ。

底釣りは不調

そこで午後からは取材を度外視して、あえて不調の底釣りに再チャレンジする。しかもバランスの底釣り。竿は18尺、上エサは『ダンゴの底釣り芯華(3月上旬新発売予定)』で、食わせは『わたグル』単品のグルテンセット。

伊藤 さとし

「午後になればもっと動くかと思って底釣りに戻してみたけれど、やはりダメかぁ」

 

そもそも底釣りに不可欠な、ウキの戻しがない。この状態ならば、底付近に魚がいるのかいないのか、いても魚影が薄いのかさえも判断がつかない。

伊藤 さとし

「上バリに付いているのは、集魚効果が高くて底でしっかり持つ新エサなんだ。にもかかわらずウキは動かないんだから、きょうに限っては底釣りはないのかもね……」

 

14時に納竿。底釣りではオデコだったので、釣果はチョウチンセットでの良型旧ベラ計20枚だった。

次回も「早春のチョウチンセット」です。

<週刊へらニュース 伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
加須吉沼
TEL:0480(61)0899
この記事は『週刊へらニュース』2021年3月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。