まずはここから覚えたい『カサゴゲーム』用語集:タックル関連

まずはここから覚えたい『カサゴゲーム』用語集:タックル関連

海の釣り人にとってカサゴは身近な魚である。この愛らしい癒しの魚を専門的に狙うときに押さえておきたい、タックル関連の用語を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

専用ロッドに関する用語

カサゴには専用ロッドが、どうにもないようである。もっとも近いものとしては、「ライトロックロッド」があるが、このサオ、筆者の印象では、ティップが入りやすく全体に軟らかい、単なるメバル仕様に思える。もちろん、それで狙うこともできるが、推奨ロッドとして次の二種もある。

メバルロッド チューブラー

ライトロックロッド、という中途半端(といっては何だが)なものよりは、ちゃんとメバル用に考えられたメバルロッドを、カサゴゲームに持っていきたい。ワーミングがメインとなるならばソリッドティップで十分だが、カサゴはマイクロメタルジグやプラグを使っても反応がいい、面白い魚だ。多彩な釣り方ができるチューブラーティップを推奨したい。

アジングロッド

流用ロッドとしてアジングロッドも使える。アジングの専用ロッドだ。多くは硬めで、シャキッとしており、反響感度がいい。カサゴは「居食い」という、もぞっとしたアタリを出すことが多い魚なので、その食いを敏感に感知し即アワセできるアジングロッドもアリだ。

まずはここから覚えたい『カサゴゲーム』用語集:タックル関連専用ロッドは自分で考えてみよう(提供:WEBライター・井上海生)

流用ロッドに関する用語

続いて代用可能なロッドを紹介する。

バスロッドMLクラスまで

カサゴゲームには、ブラックバス用のサオを用いることもできるだろう。バスロッドというとブラックバスロッドのことで、MLクラスくらいまでがカサゴに流用できるものとなる。

リールに関する用語

次はリールに関する用語。

スピニング1000~2000番

カサゴゲームには1000~2000番のリールを用いる。ロッドとのバランスを考えてリールの番手を選びたい(バスロッドならばベイトリールもアリだ)。ギアに関しては、よほどカサゴが大きく、またハタ類も混じるエリアでない限り、ノーマルギアでいいだろう。

メインラインに関する用語

カサゴゲームのメインラインには、ナイロン、エステルラインは推奨できない。ナイロンは伸びやすく切れやすく細糸のルアーフィッシングには適さない。エステルはその水なじみのよさでアジングなどには抜群の適正があるが、イトの力が弱いので、時に力勝負も必要なカサゴゲームには向かない。

PEライン

ポリエチレン製ラインのこと。PEラインは非常に感度がよく、強度も高いことが特徴。多くのソルトルアーでメインラインとなる。カサゴゲームでも、0.3号前後のPEラインを使いたい。ただしPEラインは擦れに弱く、そのままリグに直結できないため、後述するショックリーダーの結束がマストとなる。

フロロカーボンライン

伸びにくく強度も強いフロロカーボンライン。見た目は同じような材質だが、ナイロンラインと比べると耐久性はフロロが強い。カサゴゲームなら、0.5号(2lb前後)が目安となる太さ。

まずはここから覚えたい『カサゴゲーム』用語集:タックル関連ビギナーには直結もできるフロロがいい(提供:WEBライター・井上海生)

ショックリーダー関連の用語

PEライン(またはエステルライン)を用いる場合には、根擦れ・魚の歯擦れ対策としてショックリーダーの結束が不可欠である。ショックリーダーは単に「リーダー」ともいう。

リーダーに使用するラインは、ほとんどフロロカーボンしかないといえるだろう。

フロロカーボンライン

ショックリーダーとして一般的に使用されるライン。擦れに強い。カサゴゲームのリーダーとしては1号(4lb)~1.5号(6lb)が目安。

次のページではリグ関連の用語を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。