マニアックな『ジグヘッド単体リグ(ジグ単)』の話:変わり種ジグヘッド

マニアックな『ジグヘッド単体リグ(ジグ単)』の話:変わり種ジグヘッド

ライトゲーム用のジグヘッドにも様々な製品がある。「ナマリとハリの組み合わせ」という世界の中で、ちょっと変り種、釣果も請合いの面白いジグヘッドたち4つを紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

グロー系のヘッド

夜光タイプのジグヘッドもある。ナマリ部分が水中の光を吸収して、微発光するようだ。ためしに同様のグロー系ワームと組み合わせて、蓄光ライトを照射し、室内を真っ暗にしてiPhone12のナイトモードで撮影してみた。こんな感じだ。

マニアックな『ジグヘッド単体リグ(ジグ単)』の話:変わり種ジグヘッドグロータイプのジグヘッド(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ヘッドが微発光するということは、リグの頭部分に、もうひとつアピールする場所ができるということだ。高活性の魚相手や、真っ暗な海に投げて魚をサーチしたい場面で効果的かもしれない。ちなみにこのヘッド、TG製でもある。こういうコンビネーションも見逃せない。

変り種で状況打開のチャンスも

魚の気持ちになってみよう(そんなことが本当にできるのかはさておいて)。何回もおんなじようなナマリバリを見せられると、さすがにワームを変えられても、「もう同じってわかるから」と、うっとうしい気分になるのではないだろうか。つまり、見切られるわけだ。

そこへ突然、変り種を放り込んでみる。どうだろう、スレきった魚の心を刺激するきっかけにならないだろうか? 単発でリアクションバイト、また持続的に効くこともある。ジグヘッドのレパートリーは、ワームと同じくらい、増やしておいて損になることは絶対ない。

<井上海生/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。