投げキス釣りで夫婦揃ってシロギス「ツ抜け」達成 3点掛けも【千葉】

投げキス釣りで夫婦揃ってシロギス「ツ抜け」達成 3点掛けも【千葉】

2月22日(月)に千葉県南房へシロギスの投げ釣りに出かけた。前日の荒れの影響でいい条件ではなかったが、本命11尾を釣ることができたので、その模様を紹介する。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

豊岡海岸でシロギス狙い

シケ後なので、水深が浅い砂浜は無理だろうと、冬場に実績のある富浦新港を目指して9時前に到着。堤防を見るとウキ釣りやエギングを楽しむ釣り人で混雑していて、とても投げ釣りをするスペースはない。

仕方なくほかの釣り場を探すことにする。前回、好釣果だった豊岡海岸へ移動。比較的、荒天に強いポイントだが、波が残っていて、さらに濁りもある。見た目にはあまりよさそうではないが、貸し切り状態なので、海岸の中央部で開始。

投げキス釣りで夫婦揃ってシロギス「ツ抜け」達成 3点掛けも【千葉】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵)

砂浜には海藻が打ち上げられていたので、前日はかなり荒れていたと判断。それでも、海のなかはゴミが少なく、問題なく探り釣りができたのは意外だった。

河口付近で本命キャッチ

しかし、肝心のアタリはなし。右奥の根周りに移動すると、こちらは仕掛けを回収するたびに海藻類が絡まり、とてもキスが狙える雰囲気ではなかった。荒天後のきょうは、中央部~右側は期待できないようなので、沖から新しい潮が差し込む船道付近の起伏を狙うことにして、海岸左側の河口付近へ。

投げキス釣りで夫婦揃ってシロギス「ツ抜け」達成 3点掛けも【千葉】ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵)

正面の西から風が吹いて釣りにくい。3色半付近に投入してじっくり探ると、2色半までサビいたときにプルップルッとアタリ。ゆっくり巻いてくると13cmのシロギス。横で探っていた夫も同サイズを釣り上げ、なんとかオデコ脱出。

嬉しい3点掛けも

このあと、ていねいに探ると、同じ距離でメゴチやハゼに交じって小型の本命がポツポツ。良型がさっぱり釣れないのは、体力のある魚は沖に逃げ、弱い小型だけが近場に残っているのだろうと夫がいう。それでも、気まぐれな良型が戻ってくると信じて続ける。

このあと、2色以内ではまったく反応がない。可能な限り遠投して狙っていると、徐々にキスの活性が高くなってきたようで日差しが暖かくなった10時半ごろプルップルッと弱いアタリが連続。小型ながら嬉しい3点掛けと楽しめたが、11時をすぎると急に突風が吹き始める。

投げキス釣りで夫婦揃ってシロギス「ツ抜け」達成 3点掛けも【千葉】小型ながら3点掛けも(提供:週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵)

30分もすると、強風で海面には白波が立ち、打ち寄せる波が高くなって、やむなく納竿。釣果は10~14.5cm11尾、夫は17尾だった

<週刊つりニュース関東版 熊谷加寿恵/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
豊岡海岸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年3月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。