『キャスティングヒラマサ』ゲームで5kg超頭に本命2匹御用【福岡】

『キャスティングヒラマサ』ゲームで5kg超頭に本命2匹御用【福岡】

2月中旬に、遊漁船クルーズ(福岡市博多港・東浜船溜)にて玄界灘のヒラマサキャスティングへ。私が5kg超の良型ヒラマサをキャッチした釣行をレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

玄界灘ヒラマサキャスティング

釣行当日は、遊漁船クルーズの船長から春の小型ベイトパターンというのをうかがっていたため、ダイビングペンシル13~16cmまでの小型を準備しておき、ジギングロッドはいつも使っているものを準備した。

『キャスティングヒラマサ』ゲームで5kg超頭に本命2匹御用【福岡】当日のキャスティングタックル(上図)(作図:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

船長に10kgオーバーヒラマサ

ポイントに着いてキャスティングで狙っていくが、魚からの反応は同船者も含めなかなかない。

そのため、気分転換に船長とジギングをしていたところ、潮が変わったのが確認でき、そろそろ魚が食ってくるかな?と船長と予想していたところ、私ではなく、船長にヒット!上がってきたのは10kgオーバーのヒラマサ。

私にもヒットしないかと頑張るが魚からの反応はなく、次のポイントに移動することにした。

筆者に小型ヒラマサヒット

次のポイントではトップで時折ヒラマサがベイトを捕食しているのが見えた。そのため、同船者がキャスティングをしていたが、バイトのみでヒットに至らず、私も少しだけ投げてみたところ、ボイルしたところにルアーがちょうど届き、小型のヒラマサが釣れた。

ボウズを回避したところでジギングでも釣れていたため、先ほどのリベンジをしてみたものの、私のタックルには反応がなかったため、反応のあったキャスティングに絞って釣りをする。

時合いに5kgオーバーヒラマサキャッチ

キャスティングを続けていたところ、良型がヒット!慎重にやり取りをして、上がってきたのは5kgオーバーのヒラマサだ。

『キャスティングヒラマサ』ゲームで5kg超頭に本命2匹御用【福岡】良型ヒラマサの5kgオーバー(提供:週刊つりニュース西部版APC・大須賀陽士)

船上ではバイトからヒットも増えていき同船者も釣れだし、時合いが終わったところで再び静かになった。

ポイントを替えていきながら夕マヅメに差しかかるも、追加でヒラマサのキャッチはできず、納竿とした。

これから春にかけて小型ベイトのパターンに移行していくので、次回は10kgオーバーのヒラマサを釣りたいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・大須賀陽士/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
クルーズ
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年3月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。