遠征釣行の基礎知識:釣魚の持ち帰り方と注意点 計画的なリリースも

遠征釣行の基礎知識:釣魚の持ち帰り方と注意点 計画的なリリースも

飛行機で出掛けた遠征先で釣り上げた魚の持ち帰りかたをご紹介いたします。これから遠征釣行にトライしてみようと思っている方の参考になれば幸いです。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

さかな検定2級。主に遊漁船での沖釣りでルアーも餌もこだわりなく楽しんでいます。たまに仲間と遠征釣行にも出掛けてます。

×閉じる

その他 お役立ち

大型魚は持ち帰りできる?

大型魚も発泡スチロール箱やクーラーボックスに入れた状態で制限重量内であれば持ち帰りは可能です。なのでJAL、ANAなどの飛行機は無料なら20kg以下、宅急便系の場合は佐川クール飛脚便で20kg以下、チルドゆうパックで25kg以下なら持ち帰り可能です。

それ以上の大物を持ち帰りたい場合飛行機で追加料金を支払えば32kgまで可能です。大型の発泡スチロール箱が現地で入手可能かどうかは船長や船宿や現地釣り具店などに相談してみましょう。

モンスター級の魚でケースに入りきらない場合や重量オーバー必至の場合は、頭を落としたり、尻尾をおとしたり解体して持ち帰る方法も検討してみてください。

遠征釣行の基礎知識:釣魚の持ち帰り方と注意点 計画的なリリースも工夫すれば大型魚も持ち帰り可能(提供:WEBライター・宮崎ゆきお)

リリースも視野に

くれぐれも持ち帰れないほどの釣り過ぎにはご注意いただき、型の小さいものや大型魚は敬意を持ってリリースしたり、爆釣の場合はある程度以上の数はリリースするなどしたりしていただければと思う。そうすれば資源も保護され、遠征先の豊饒な海が守られ、釣りというレジャーが持続可能になっていいのかなと思います。

遠征釣行の基礎知識:釣魚の持ち帰り方と注意点 計画的なリリースも持ち帰れない分はリリースしよう(提供:WEBライター・宮崎ゆきお)

<宮崎ゆきお/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。