【中部2021】おすすめ渓流釣り場:益田川 序盤は成魚放流狙いが吉

【中部2021】おすすめ渓流釣り場:益田川 序盤は成魚放流狙いが吉

今年もやってきました河川紹介。岐阜の益田川を紹介する。昨年の豪雨の影響や、雪は多いのになぜか渇水と心配のタネは尽きないが、まずはサオを出してみること。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・細江太)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

初期は成魚放流狙いを

解禁日には川へ行こう!と威勢よく言ってみたものの、飛騨地方の春は遅く初期の天然アマゴはサビが残り、やせていて心ときめく魚体にはほど遠い。やはり初期は腕慣らしも兼ねて、成魚放流物がおすすめだ。漁協も各所で放流の準備を進めているようだ。

【中部2021】おすすめ渓流釣り場:益田川 序盤は成魚放流狙いが吉参考仕掛け図(作図:週刊つりニュース中部版APC・細江太)

ほぼ前年と同じで、上流域より小坂地区湯屋のひめしゃがの湯前から下流、大洞川の元湯屋小学校前(共和橋上下流)、萩原地区山ノ口川の清流広場、下呂地区宮地竹原川の清水橋下流など、いろんな地区、河川で行っている。

放流日時、放流量など詳しいことは、コロナの影響もあり、密を避けることも含めてゲリラ放流(場所や日時を前もって公表しない)を行うとのことだ。放流後は漁協のホームページなどで確認できるので、釣行前に確認してほしい。

天候次第で天然アマゴも元気に

天然アマゴはサビが残って釣趣が劣ると前述したが、今後の天気次第でガラッと変わる可能性がある。雨が降って増水すればカワムシなどの流下があり、それを求めてアマゴたちが穴から出てくる。外に出たアマゴは、サビが抜けて白くなる。

漁協管内でも下流域の輪川、門和佐川は比較的水温が高く、他地区より早くサビが抜けやすいと思われるので、釣行時の参考にしてほしい。

管内全てにあてはまることだが、解禁初期は昨年に放流した稚魚が10~13cmに成長している。そのチビアマゴがわれ先にエサに飛びついてくる。15cm以下はリリースする規則があるので、必ず守ってリリースしよう。

リリースの際は極力魚に触れないこと。どうしても触るときは、手をしっかり濡らして冷やしてから触るようにしてほしい。私はカエシのないスレバリとプライヤーを使い、極力触らずにリリースしている。

【中部2021】おすすめ渓流釣り場:益田川 序盤は成魚放流狙いが吉ベストシーズンは桜が散るころ(提供:週刊つりニュース中部版APC・細江太)

この管内のベストシーズンは、桜が散るころ。4月10日前後からコンディションのいい魚が出始める。それ以降クモの糸が縦横無尽に張り巡らされ、エサが川まで落ちなくなったら、ワクワクよりもイライラが強くなって、段々と本流へ釣行するようになる。

ポイントを絞って魚を探そう

益田川本流のどこでもアマゴは釣れるが、イワナがターゲットとなると萩原の上呂地区より上流がポイントになる。本流ポイントは大淵の流れ込みがメインポイントになるが、淵尻でもイワナ以外はなかなか口を使ってくれない。

アユが解禁する時期には、淵絡みの一段上の瀬にもアマゴが移動しており、目印を激しく引き込むようなアタリを出してくれる。まずはカワムシ(クロカワムシ)で中層、底を攻める。表層をウロウロしているチビアマゴは無視しよう。アタリがなくなったら、エサをミミズに変えて同じように攻める。

人によっては何10回も繰り返して流すと聞くが、私の場合は多くて10回。それだけ流して釣れなければ、自分に釣れる魚はいないと判断してさっさと移動する。

昨年の洪水の影響がどの程度残っているか、フタを開けてみなければ分からないが、関係者の努力、偉大な自然の力で今年も楽しい釣りができると思う。自宅へ帰るまでが魚釣り、安全第一で楽しい一日を!

<週刊つりニュース中部版 APC・細江太/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
益田川
遊漁料:日券1500円、年券7000円(要写真)
問い合わせ:益田川漁協=電話0576(52)1035。
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年2月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。