陸っぱりライトゲームの『極細PEライン』の世界 0.06号でアジング?

陸っぱりライトゲームの『極細PEライン』の世界 0.06号でアジング?

ライトゲームで使うPEラインは最大でも0.5号前後までと、強めの釣りをするアングラーには信じられないかもしれない。そんな極細PEラインの世界を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

細イトでPEラインに扱いに慣れる

以上が極細PEラインの世界観となる。結束について言うと、私は相当不器用な方だが、0.25号くらいからFGノットができることを確認済み。0.4号となると、ラクにできる。

ライトゲームのアングラーは、後々強めの釣りにステップアップしていくときに、アドバンテージがあると思う。細イトの繊細さ、ラインの性質、そして、メンディングの理解。また難しい細イトの結束に慣れておくと、PE0.6~1.2号のFGノットなど楽勝のはずだ。

陸っぱりライトゲームの『極細PEライン』の世界 0.06号でアジング?細イトの扱いに慣れておくと後がラク(提供:WEBライター・井上海生)

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。