真冬のタフコンデイションでシーバスゲーム 値千金の85cmをキャッチ

真冬のタフコンデイションでシーバスゲーム 値千金の85cmをキャッチ

2月1日午後8時、熊本県天草市の通詞島にシーバス狙いで到着。当日は雨風に打たれながらのタフコンディションの中、一発のチャンスをもぎ取った。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

85cmオーバー浮上!

当初は、雨風が吹き荒れサクッと釣り帰ろうとしていたが、そろそろ4時間が経過するあたり……。「やっぱり明確なアタリがあったジグヘッド+フラットジャンキーかな~」。

30mほどキャストしてリトリーブを繰り返していると、手前5mでチェイス!「やる気ある食うか?」。

そのままのリトリーブスピードで手前の影にルアーを入れ、堤防ギワを泳がせると「ドバッ!」「よ~し!食わせた!」。アワせた直後に強烈に下に突っ込み、ドラグが出る!「お~なかなか!」。

4時間近く粘り、やっと掛けた1尾なので慎重にやり取りし、無事に捕獲!サイズを測ると85cmオーバー!「雨風に打たれながらこのバイトの少なさじゃ上出来だろ」。写真を撮りリリース!

真冬のタフコンデイションでシーバスゲーム 値千金の85cmをキャッチタフコンディションの中で一発!(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

次を狙うと、午前0時を回ってから6バイト!だが、すべてフックアウト!「ん~深いバイトじゃないのか~ルアーならバレないんだろうが反応しないしな~」。

寒さも限界に達していたため、この日はここで引き上げることにした。

<週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
通詞島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年2月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。