デイのボートシーバスゲームで良型連発 穴撃ちに好反応【名古屋港】

デイのボートシーバスゲームで良型連発 穴撃ちに好反応【名古屋港】

この時期の名古屋港は、ナイトゲームでは高活性のロックフィッシュ、デイゲームではボートシーバスのストラクチャー撃ちが楽しめる。今回は名古屋港のデイゲームをレポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・水野和俊)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

名古屋港でロックゲーム

1月31日、早朝の午前4時から釣友と出船。冬の朝はまだまだ暗い。ということで、明るくなるまで最近絶好調の名古屋港新スタイルのメタル系ロックフィッシュゲームへ。

ゴロタのシャローエリアに入り、メタルバイブストームGXウルトラブレード10gをキャストし、ボトムからリフト&フォールさせると1投目からヒット。上がってきたのは元気なカサゴだ。

釣友もウルトラブレードでカサゴをキャッチ。わずか1時間で20匹以上のカサゴをキャッチした。

デイのボートシーバスゲームで良型連発 穴撃ちに好反応【名古屋港】夜明け前はロックフィッシュゲーム(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

デイシーバスで40cmヒット

若干明るくなったタイミングで、本命のシーバスポイントへ向かう。

ストラクチャー周りのぼんやりとしたシェード部分の広範囲に、ビスケイコーストミノーをフルキャストし、スローに表層からリトリーブしていると、数投目でヒット。上がってきたのは40cmアップのシーバスだ。

キャストを続けていると再びヒット。またもや40cmクラスの小ぶりのシーバスだ。まだ、ナイトゲームを引きずるようなサイズが多いので、移動しながらいいエリアを探していく。

デイのボートシーバスゲームで良型連発 穴撃ちに好反応【名古屋港】良型シーバス(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

穴撃ちで良型シーバス連発

満潮から下げに入り、ようやくストラクチャーを撃てるようになってきた。バースエリアの狭い穴へ、ビスケイコーストミノーをキャストしていく。表層から中層へとレンジを探しながらキャストしていくと、バースの出口付近で下から突き上げるバイトがあった。

ドラグを鳴らして走るシーバス。慎重にファイトして水面に浮かせると、60cm台後半のグッドコンディションのシーバスだ。ようやくデイシーバスらしいサイズの登場にテンションが上がる。

狭い穴でも怖がらずキャストができるソフト素材のビスケイコーストミノーを、ガンガンバースの穴に入れてカウント6~8を目安にフォールさせ、その後はスローリトリーブする。

これを繰り返していると、フォール中にヒット。これもなかなかのサイズだ。慎重にランディングすると、60cmぐらいのシーバスだ。その後も連続ヒットで50~60cm台後半のサイズを連発した。

デイのボートシーバスゲームで良型連発 穴撃ちに好反応【名古屋港】穴撃ちでシーバス連発(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

次のページで移動先でもシーバス追加!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。