今さら聞けない東京湾LTアジのキホン:魚「活性」別コマセの振り方

今さら聞けない東京湾LTアジのキホン:魚「活性」別コマセの振り方

どんな釣りでもそうだが、LTアジでも「その日、その時間」の魚の活性の違いがある。それらの活性ごとに有効なコマセの振り方を考察したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・古谷健太)

古谷健太

東京湾、相模湾での船釣りを中心に何でもやる雑食系です。楽しんでもらえる情報をお伝えできるよう頑張ります。

×閉じる

船釣り エサ釣り

東京湾LTアジのコマセ撒き方

東京湾のLTアジにおける基本的なタナの指示は海底から2m、もしくは2~3mという指示だと思う。

まずは海底から1mのところで1回、次に2mのところで1回、しばしアタリを待つ。その後、さらに1m(海底から3m)のところで1回、もしくは海底まで仕掛けを落とし同様にコマセを撒き直す、というのが基本的なコマセワークと言われている。

また、コマセの振り方は「小さく、鋭く」が基本である。竿先が下方向45度くらいの角度からスタートして水平の位置まで鋭くシャクる。これにより、コマセの濃い煙幕を作ることができ、短めの仕掛けを用いるLTアジでは濃い煙幕の持続している間に、コマセ煙幕の中にハリが紛れることとなる。

超高活性時の撒き方

超高活性、いわば「入れ食い」の時はコマセの振り方は正直考えないでいい。むしろ手返し重視であるので、コマセもそれほど多く詰める必要もない。

今さら聞けない東京湾LTアジのキホン:魚「活性」別コマセの振り方手返しが大事(提供:WEBライター・古谷健太)

基本通りにコマセを振っていれば、問題なくアジが釣れてくるであろう。

微妙に高活性時の撒き方

入れ食いとまではいかないまでも船中で途切れることなくアジが釣れている場合、もしくは他はポツポツだが特定の釣り客だけ連釣しているような場合はコマセの振り方が勝敗を分けることが多い。

まず、アジの活性が低くないことから、海底付近の潮流れは悪くないことが想定される。そうすると、仕掛けもコマセ煙幕も潮の流れに乗って多少横に流れていることとなる。

撒いたコマセ煙幕にアジが突っ込んできていることをイメージすると、コマセの効果が持続している間にコマセ煙幕と仕掛けの速やかな同調が必要となる。

こういった場合、基本の通りに進めることを前提として、誘いが重要なカギを握ることがある。

例えば、海底から1mと2mのところでコマセを振ると決めた場合、潮が流れている場合にはコマセは海底に向かって沈むよりも横に流れているのだから、ハリも海底付近に置くのではなく、コマセの効果が持続している間にゆっくりと誘い上げを入れてコマセ煙幕の中にハリを紛れさせるのが効果的だ。

もしくは、海底から2mや3mのところでコマセを撒いた後、コマセを撒かずに少し仕掛けを巻き上げ、そこからゆっくりと誘い下げを行う。

あとは、コマセを振ったあとに待ちすぎないことも大切である。誰かしら釣れ続けているということはアジの活性は決して低くない。そうであれば、コマセを絶やさぬようにこまめに打ち換えていくことを心がけよう。

こういったコマセを振ったあとの誘い上げや誘い下げといったパターンがハマる時が多々あり、早めにパターンを掴むと、周りは釣れていないが一人だけ連釣といった状態になることもある。

低活性時の撒き方

船中でもぽつぽつ、たまにアジが上がってくるような状況の場合である。こういった状況になった時は、周りの方もコマセ撒きを諦めて休憩していることが多い。そうすると、アジのスイッチを入れるきっかけとなるコマセが足りずにさらに活性が下がることとなり、悪循環に陥る。

やはりアジのスイッチを入れるにはコマセを撒き、アジの活性にスイッチを入れるしかない。ポイント移動したばかりの時もそうだが、まずはまめにコマセを撒くことを重視したい。

海底から1m地点、そして2m地点、再度海底からやり直し、数十秒待ってアタリがなければ速やかに回収、といったことを根気強く続けてほしい。

また、「小さく、鋭く」がLTアジの基本的なコマセの振り方であるが、「大きく、柔らかく」コマセを振り、コマセの濃い煙幕ではなく、コマセの「帯」でアジの反応を見るのも一手である。

次のページは”超”低活性なら「何もしない」?

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。